Pocket

 

 

こんにちは、鉾立です。

もしあなたが、飲食店、理美容店、インストラクター、コンサルタント、資格業(士業)など、「自分自身の労働力に依存するビジネス」を行っていて、

「忙しい割に、理想とする数字(売上、収入)に届かない」
「このやり方を続けていても先が見えている」
「そろそろ次のステージに進みたい」

といった壁にぶつかっていたとしたら、、

もしかして、ビジネスモデルを再構築する時期に差し掛かっているかもしれません。

 

LCSS型ビジネスモデルマトリックス™とは?

ビジネスモデルについては、以前このブログで、事業から収益を生み出す代表的な8つのビジネスモデルをご紹介しました。

事業から収益を生み出すビジネスモデルの基本 | Change & Revival 株式会社|チェンジ アンド リバイバル|起業・経営アドバイザー&財産コンサルティング
  こんにちは、鉾立です。 前回の記事、 あなたのビジネスはどの「領域」で勝負している? では、経営戦略を立案・決定する際の拠り所となる重要な概念である「事業ドメイン」についてお伝えしました。 今回の記事では、具体的に「事業から収益を生み出すための仕組み」(今風に言うと「マネタイズ」)についてお伝えしようと思います。   世の中の企業はどうやって収益を生み出しているのか? 仕事柄、新聞やwebメディア

今回ご紹介するのは、それとはまた異なる切り口の、ビジネスモデルを再構築するためのフレームワーク。

「労働集約型Labor-intensive)」と「資本集約型Capital intensive)」×「スポット型(spot)」と「ストック型(stock)」で分類する、LCSS型ビジネスモデルマトリックス™です。

少し解説しますね。

労働集約型とは、「事業活動を営む上で、労働力に対する依存度が高い産業のこと。接客応対を中心とするサービス業に多く見られる。一般に従業員を数多く抱えるため、賃金コストの割合が高い」(コトバンク「労働集約型産業」)。

資本集約型とは、「事業活動を営む上で、労働力より資本設備への依存度が高い産業のこと。一般に固定資本の占める割合が高い」(コトバンク「資本集約型産業」)。ここでは、物的資本だけでなく、人の信用、ブランドなどの人的資本も含まれるものとします。

スポット型とは、いわゆる単発、売り切り型のビジネス。

ストック型とは、継続型、リピート型のビジネスを指します。

このマトリックスは、「労働集約型」と「資本集約型」を縦軸、「スポット型」と「ストック型」を横軸で区切ったものになります。

 

あなたのビジネスは、今、このマトリックスの4つのモデルのうち、どのモデルに分類される?

次のステージに進むためには、どのモデルを検討する?

次回は、例えば飲食店がこのマトリックスを活用した場合の例をご紹介しますね。

 

追伸1

ビジネスモデルを客観的な視点で再構築する方法

http://hokodate-eiichilaw.com/business/adviser/

 

追伸2

また、あなたのビジネスに役立つ情報をお届けしますね。

チャレンジする起業家・経営者向けに、
代表・鉾立のフィルターを通した
「起業・経営の原理原則」情報
を毎週お届けするメールマガジン、
【リバイバル通信】。
※バックナンバー

毎週、確実に記事を受け取りたい方
にオススメです。

  • 起業家・経営者向け
    「有益ビジネス情報」
    受け取ることができます。
  • 起業・経営の
    「普遍的な原理原則」
    を学ぶことができます。
  • 気に入らなければ、
    いつでも簡単に登録を
    解除することができます。


●登録後すぐに、「起業」、
「事業コンセプトの再定義」、
「新規事業立ち上げ」の際に役立つ
『あなたの核になる事業は?【PAM理論】™』
特製ワークシート(PDFファイル5ページ)が届きます。


▼ご登録(無料)は今すぐこちらから▼

Pocket

The following two tabs change content below.
起業・経営アドバイザー/財産コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者の転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実に向き合いながら、再起にかけるクライアントの財産コンサルティングに取り組む。 「経営アドバイザーと財産コンサルティングは両輪である」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。