Pocket

 

こんにちは、鉾立です。

鉾立榮一朗事務所では、お客さんが当事務所に業務を依頼する前に、『無料個別相談』の利用」というステップを入れていることは以前の記事でお伝えしたと思います。

なぜこのステップを入れているのかというと、2つ理由があります。

1つは、お客さんにとって大切な財産や事業に関わる問題を扱うことになるため、お客さんが当事務所に業務を依頼するかどうか、当事務所が受託可能な案件かどうか、双方が判断するための機会が必要だと考えているからです。

また、1時間じっくり面談することによって、依頼後のミスマッチも少なくすることができます。

もう1つは、相談内容やアドバイスの内容が複雑かつ多岐にわたることが多く、メール相談だと文章を書くのに時間がかかるわりに伝わる情報量が限られるため、双方にとって面談形式が一番効率がいいと考えているためです。(お客さんの事情で面談形式が叶わない場合はスカイプ相談で対応しています。)

この『無料個別相談』の利用にあたっては、実は、お客さんに守っていただくルールをいくつか設けさせていただいています。

 

鉾立榮一朗事務所の『無料個別相談』利用のルール

例えば、次のようなルールを設けています。

・『無料個別相談』は毎月第1土曜日に開催

・ご対応は1日限定3組まで

・予約制(先着順)

・面談時間枠が決まっている(①AM10:00~、②AM11:30~、③PM1:30~)

・面談時間は1時間

・申し込みの締め切りは開催日の2日前

・申し込みのキャンセルは前日まで

・面談場所は原則として当事務所

などです。

 

鉾立榮一朗事務所『無料個別相談』

 

なぜ、ルールを設けているのか

ルールを設けている理由は3つあります。

一番は、お客さんを迷わせないためです。

当事務所のWebページを見たお客さんが、具体的に相談したいと思ったときに、

・いつでも相談できるのか?(相談できる時間帯は? 土日でも対応してもらえるのか?)
・相談の場所は?(相談に行くのか? 来てくれるのか? 電話やメールでも相談に乗ってくれるのか? )
・連絡方法は?(電話? メール? お問い合わせフォームから?)

と迷ってしまったら、きっと、問い合わせすることを躊躇するのではないかと思います。

予めルールを設けることで、関心を持って相談したいと思っているお客さんを迷わせないことが一番大事なことだと考えています。

二つ目は、お客さんの背中を押すためです。

ただざっくりと、「無料相談受付中! ご相談はこちらから→」だけでは、お客さんの行動への動機付けが弱いと考えているからです。

お客さんの問題を早期に解決することが当事務所の使命。ならば、お客さんの背中を押すことも大事なこと。

「期限」「限定」のルールを設けることで、問題を先送りするのではなく、まずは気軽に相談していただければと考えています。

三つ目は、面談までのスムーズなオペレーションのためです。

ルールを設けることで、

1.まずお客さんから、①希望の面談日時、②希望の面談場所、③相談内容が記載された『無料個別相談』の予約メールが届く

2.当事務所から、予約の内容確認+持参資料の案内メールを送信

3.当事務所から、『無料個別相談』の2日前に事前確認・キャンセル確認メールを送信

というように、予約から面談までのフローが決まるので、メール案内、Webサイトの予約状況の更新、面談の事前準備などの作業を定型化でき、面談までのオペレーションの効率化が図れるからです。

 

鉾立榮一朗事務所では、日々、これらのルールについて改良を重ねています。

あなたのビジネスでは、お客さんのためにルールを作っている?

 

追伸1

あなたのビジネスの成約率を向上させる方法

http://hokodate-eiichilaw.com/business/adviser/

 

追伸2

また、あなたのビジネスに役立つ情報をお届けしますね。

チャレンジする起業家・経営者向けに、
代表・鉾立のフィルターを通した
「起業・経営の原理原則」情報
を毎週お届けするWEBマガジン、
【リバイバル通信】。

※バックナンバー

毎週、確実に記事を受け取りたい方
にオススメです。

  • 起業家・経営者向け
    「有益ビジネス情報」を受け取ることができます。
  • 起業・経営の
    「普遍的な原理原則」を学ぶことができます。
  • 気に入らなければ、いつでも簡単に登録を解除することができます。

●登録後すぐに、「起業」、
「事業コンセプトの再定義」、
「新規事業立ち上げ」の際に役立つ
『あなたの核になる事業は?【PAM理論】™』
特製ワークシート(PDFファイル5ページ)が届きます。


▼ご登録は今すぐこちらから▼

Pocket

The following two tabs change content below.
起業・経営アドバイザー/財産コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者の転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実に向き合いながら、再起にかけるクライアントの財産コンサルティングに取り組む。 「経営アドバイザーと財産コンサルティングは両輪である」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。