Pocket

 

こんにちは、鉾立です。

この仕事(Change&Revival㈱鉾立榮一朗事務所)をしていると、ほんと、面白いスモールビジネス・オーナーの方々と出会います。

ここ最近で、仕事を通じて出会った方で印象的だったのは、

・親族が所有する古家をリノベーションして、ゲストハウス事業を始める予定の一級建築士

・売りにくい地方の不動産を格安で購入し、自ら魅力的な物件にリノベーションして活用するリフォーム会社経営者

・自らの営業ノウハウをテコに、複数の事業を所有するやり手の営業マン会社員

などなど。

彼らの共通点、それは、

・自分のやりたいことは全部やりたいというスタンス

・自分のビジネスが一つの「〇〇業」というくくりでは説明が難しいポジション

だということ。

業種・業界というくくりの中で自分の才能を限定していないんですね。

このような人の話を聞いていると、面白いビジネスをしているなあ、と刺激を受けるとともに、私自身もそのようなスタンス、ポジションでビジネスを行っているので、「うんうん、やっぱりそうなりますよね」と共感が生まれます。

 

これからの世の中におけるスモールビジネスのスタンダードとは?

この、

・自分のやりたいことは全部やりたいというスタンス

・自分のビジネスが、一つの「〇〇業」というくくりでは説明が難しいポジション

というのが、これからの世の中でスモールビジネスのスタンダードになるんじゃないかと思っています。

というのも、「自分のやりたいことは全部やりたい」というスタンスは、それが自分のモノ=才能になったとき、身につけたスキルや蓄積した経験・ノウハウ、複数の事業の存在などが掛け算となり、それが自ずと競合との差別化につながるからです。

先のスモールビジネス・オーナーの例で言うと、

・1級建築士 × 好立地の古家を自ら活かそうとするセンス × ゲストハウス経営のノウハウ

・リフォーム工事業 × 地方の不動産情報の収集力 × 魅力的なデザイン・設計の企画

・営業ノウハウ × 人脈 × 参入業種・業界へのリサーチ力 × 出資金

という才能の掛け算が、競合との差別化になっています。

 

ちなみに私はというと、ざっくり言うと

財産コンサルティング × 行政書士 × 経営アドバイザー × セールスコピーライター × マーケティングプランナー

もういったい何業なんだか(笑)

 

あなたは、自分の才能を限定していない?

自分の才能を最大限活かして(掛け算して)ビジネスをしている?

 

追伸

また、ビジネスに関する「気づき」や「学び」があったらお伝えしますね。

毎週、確実に記事を受け取りたい方におススメです。

プレゼントを受け取って、Webマガジンに登録する

 

Pocket

The following two tabs change content below.
起業・経営アドバイザー/財産コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者の転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実に向き合いながら、再起にかけるクライアントの財産コンサルティングに取り組む。 「経営アドバイザーと財産コンサルティングは両輪である」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。