Pocket

 

こんにちは、鉾立です。

先日、仕事で親しくさせていただいているノンバンク系金融機関のK支店長がうちの事務所にいらしたときのこと。

開口一番、「あれ?鉾立さん痩せました?よね? ずいぶん印象が変わりました」と話されました。

確か前回Kさんとお会いしたのは、昨年の新年会以来だから1年ちょっと前のこと。

そのときもすでに朝ランと筋トレは習慣化されていたはずだから、「あれ?そうですか?」と返したところで、そういえば、そのときはやってなくて今やってることがあることに気づきました。

それは、、

 

簡単なわりに、インパクトが大きいダイエット法

「そうそう、そういえば、この本に書いていることをやっているのが結構効いてるんですよ」と本書をKさんに手渡しました。

 

『 腹だけ痩せる技術』(メディアファクトリー新書) 新書/植森美緒 (著)

 

この本はもうずいぶん前に購入していたのですが(初版は2012年4月)、3か月ほど前にふと思い出して、また意識して腹を凹ませるようになりました。

効果が現れていたのか、最近はうちの奥さんも興味をもって、腹を凹ませ始めました。

本書による腹痩せ理論は実にシンプルです。

 

最初は意識的に凹ませておなか周りの筋力を引き出すだけです。しかしそれを続けていると、わざと凹ませていないときでも凹んだ形になっていきます。筋肉は使ったなりに形を変えていくのです。オリンピック選手は水泳、砲丸投げなど、種目ごとにとても特徴的な体型になっていますよね?これは特定の動作を繰り返すから。繰り返すことで筋肉は「形状記憶」するのです。

意識して腹を凹ませる、すなわち、ドローインを継続することによって、自然におなか周りが痩せてくるというものです。

めちゃめちゃ簡単なことなんですが、その効果はというと、、

 

具体的には、あまりドローインしなかった日でも30分ジョギングしたのと同じくらい、積極的に凹ませた日はなんとジョギング1時間20分相当のエネルギーを余計に使っていました。なるほど、これは痩せるわけです。

 

私の場合、もう2年ほど週3朝ラン、週2筋トレ、月1フットサルを継続していますが、それに加えて、

・歯磨きしながら
・歩きながら
・信号待ちで
・駅のホームで

意識して腹を凹ませるようになったら、もう一段、体が引き締まったような気がします。あと、猫背気味だった姿勢も良くなりました。

※追記
4月に受診した健康診断の結果が出ました。
体重:前回65.4kg → 今回61.8kg(▲3.6kg)
腹囲:前回78.0cm → 今回74.5cm(▲3.5cm)

メソッドの詳細については本書に譲りたいと思いますが、普段運動していない人も、腹を凹ますだけでも結構効果を実感できると思いますよ。

以前、糖質制限ダイエットにハマって炭水化物を極端にとらなくなった時期もありましたが、最近は適度な運動をしながら、食べたいと思ったものをあまり糖質を気にせず食べるようになりました。

やっぱり健康を維持しながら美味しいものを食べるのが一番ですね。

「なるほど~」と熱心に手帳にメモしていたK支店長はその後どうなったか、次回お会いする日を楽しみにしようと思います。

では、あなたも腹を凹ませながら良いGWを!

 

追伸

また、ビジネスパーソンのコンディションづくりに役立つ情報があったらご紹介しますね。

チャレンジする起業家・経営者向けに、
代表・鉾立のフィルターを通した
「起業・経営の原理原則」情報
を毎週お届けするメールマガジン、
【リバイバル通信】。
※バックナンバー

毎週、確実に記事を受け取りたい方
にオススメです。

  • 起業家・経営者向け
    「有益ビジネス情報」
    受け取ることができます。
  • 起業・経営の
    「普遍的な原理原則」
    を学ぶことができます。
  • 気に入らなければ、
    いつでも簡単に登録を
    解除することができます。


●登録後すぐに、「起業」、
「事業コンセプトの再定義」、
「新規事業立ち上げ」の際に役立つ
『あなたの核になる事業は?【PAM理論】™』
特製ワークシート(PDFファイル5ページ)が届きます。


▼ご登録(無料)は今すぐこちらから▼

Pocket

The following two tabs change content below.
起業・経営アドバイザー/財産コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者の転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実に向き合いながら、再起にかけるクライアントの財産コンサルティングに取り組む。 「経営アドバイザーと財産コンサルティングは両輪である」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。