Pocket

homepage-1186348_1920

 

こんにちは、鉾立です。

3ヶ月ほど前、パートナー税理士事務所さんから、12/8に開催される研修会の講師のオファーを受けました。

今回私が担当するテーマは、「ホームページ」。

当日は、鉾立榮一朗事務所のホームページを題材に、集客や売上アップを実現する「戦略型ホームページ」のポイントについてお話しをする予定です。

 

6年間でホームページの訪問者数が4800%アップ

鉾立榮一朗事務所は2009年に開業したのですが、開業1~2年目の集客ルートは、

・信用金庫など地域金融機関からの顧客紹介 ➾ 7割
・パートナー税理士・司法書士など他士業からの顧客紹介 2割
ホームページ経由のお客様 ➾ 1割

という状況でした。

それが、ホームページ経由からの集客が徐々に増えて行き、開業8年目の現在では、

ホームページ経由のお客様 ➾ 5割
・信用金庫など地域金融機関からの顧客紹介3割
・パートナー税理士・司法書士など他士業からの顧客紹介 ➾ 2割

という状況になっています(もちろん案件の数自体は年々増加しているので、あくまでも割合の話です)。

Googleアナリティクス(Webページのアクセス解析サービス)で6年前と現在で比較してみると、、

・2010年の「11月1日から11月30日まで」のユーザー数は、「166」

であるのに対して、

2016年の「11月1日から11月29日まで」のユーザー数は、「8260」

ざっと4800%アップしていました。

 

<2010年11月>analytics_2010-11

 

<2016年11月>analytics_2016-11

 

そりゃあ、集客の流れも変わるはずですよね。

もし、鉾立榮一朗事務所のホームページを作っていなかったとしたら、集客の柱は「顧客紹介ルート」のままで、マーケティングも今と異なるアプローチを取っていたと思います。

が、他のどんなアプローチを取っていたとしても、ホームページが無ければきっとここまで案件の数は増えなかったでしょう。

 

例え自社ホームページを持っていたとしても、、

ところで、当事務所のホームページ経由のお客様のほとんどは、残念ながら、当事務所のことを初めから知っていて「指名」でネット検索したわけではありません、、

ほとんどのお客様は、「親族間 不動産売買」「公正証書遺言 作成」など、特定のキーワードで検索して鉾立榮一朗事務所のホームページを訪れています(GoogleとYahoo!でこれらのキーワードで検索すると、2016年11月現在、インターネット広告を除いて検索結果画面の1位に当事務所の情報ページが表示されています)。

なぜ上位に表示されるのかはまた別の機会にお伝えするとして、ここでお伝えしたいのは、ネットで情報を探しているお客さんにとっては、検索結果画面に出てこなければその商品・サービスは存在しないも同じだということ。例え立派な自社ホームページを持っていたとしても、、

ネットの向こうにいるまだ見ぬお客さんは、あなたの商品・サービスを見つけることができている?

 

追伸

24時間365日、あなたに代わって集客をしてくれる「戦略型ホームページ」に関心がある方はこちら

http://hokodate-eiichilaw.com/business/website/

 

チャレンジする起業家・経営者向けに、
代表・鉾立のフィルターを通した
「起業・経営の原理原則」情報
をお届けするメールマガジン、
【リバイバル通信】。
※バックナンバー

毎週、確実に記事を受け取りたい方
にオススメです。

  • 起業家・経営者向け
    「有益ビジネス情報」
    受け取ることができます。
  • 起業・経営の
    「普遍的な原理原則」
    を学ぶことができます。
  • 気に入らなければ、
    いつでも簡単に登録を
    解除することができます。


●登録後すぐに、「起業」や
「新規事業立ち上げ」の際に役立つ
『あなたの核になる事業は?【PAM理論】™』
特製ワークシート(PDF)が届きます。

▼ご登録(無料)は今すぐこちらから▼

 

Pocket

The following two tabs change content below.
起業・経営アドバイザー/財産コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者の転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実に向き合いながら、再起にかけるクライアントの財産コンサルティングに取り組む。 「経営アドバイザーと財産コンサルティングは両輪である」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。