Pocket

 

こんにちは、鉾立です。

GW、あなたはどんなことをして過ごしていた?

私の方は、5/5は鉾立事務所の『無料個別相談』の日だったので事務所に出て、その日以外は近場の山に登りに行ったり、冬物のコートをクリーニング屋に出したり、チェコアニメの映画を観に行ったり、マンションの内覧に行ったりして、家族(奥さんと猫のモイ)とまったり過ごしていましたよ。

山は、大野山という低山に登ってきました。

新宿から小田急線に乗って、新松田という駅から御殿場線に乗り換えてすぐの駅から登る山で、1,000m以下の低い山なんですけど富士山が近いから見どころが多くていい山でした。

十数年前に登ったことがあって、今回は2回目。

午前中から登り始めて、山頂で昼ご飯を食べて、早めに下山。

帰りは御殿場線山北駅にある日帰り温泉に立ち寄って山行の疲れを癒して、近くのポッポ駅前屋という和食屋さんで晩御飯。

この和食屋さん、頼んだもの何食べても美味しかったし、地元の人に愛されている感じでいいお店だったなあ。

 

いつも山に登りながら思うこと

いつも山を登りながら思うのは、一歩一歩、ゆっくりでも歩き続ければ、気づけばスタート地点からかなり遠いところまで来ることができる、ということ。

歩き始めはけっこう体が重くて息が切れる。

そのうち体も慣れてくるのだけど、 登っても、登っても、その先にまた登り坂が続き、 いつまで続くの?という長い長い登り坂があったり。

途中の休憩場所からふと山頂方面を見ると、遠くの方に登っている人が見えて、ああ、あそこまで登るのか、、と。

でも、めげずに一歩一歩、ゆっくりでも登って行けば、必ず山頂に着けるんですよね。

で、山頂から来た道を振り返ると、あんなに遠くから歩いてきたんだなーっていつも思うわけです。

一歩一歩、ゆっくりでも歩き続ければ、気づけばスタート地点からかなり遠いところまで来ることができるんだ、と。

 

「お客様の声」を1件1件、8年間欠かさず、事務所のホームページにアップし続けた結果

さて、話は変わるんですけど、、

鉾立榮一朗事務所では、開業以来、ずっと「お客様の声」を集めています。

一つの案件が終わったタイミングで、必ずお客さん(あるいは紹介者やパートナー専門家)にアンケート(インタビュー)のお願いをしています。

で、そのアンケートを文字化して、1件1件、8年間欠かさず、事務所のホームページにアップし続けています。

その数はきちんと数えてはいませんが、ざっと100件以上にはなっていると思います。

すると、どういうことになるのかというと、、

もし、当事務所と同じようなサービスを行う競合他社がネット上にパッと現れても、「お客様の声」や「実績」「事例」というのは、一朝一夕には集められません。(作文でもしなければ)

1件1件 でも、着々と数年かけてアップし続けていれば、気づけば競合との明確な差別化につながっている、ということです。

もちろん、お客さんが行動に移す際の決め手は、「お客様の声」だけではないでしょう。

だけれども、信頼性担保という意味では、他社との明確な差別化につながっているはずです。

例えば最近も、こんな「お客様の声」をいただきました。

 

 

――何が決め手となって、業務を依頼しましたか?

多数の相談実績があったこと。
また、相談歴が具体的でイメージしやすかったところです。

 

 

――何がきっかけで、当事務所のことを知りましたか?

「親族間の不動産売買」についてネットで調べていて、鉾立事務所さんのことを知りました。

ホームページの「お客様の声」を読み、『無料個別相談』があるとのことでしたので、一度私たち夫婦で相談することにしました。

 

 

――何がきっかけで、当事務所のことを知りましたか?

専門家に相談したほうが正確だし、その後の手続きの依頼もスムーズかな、と思ってネットで色々調べたところ、鉾立事務所さんの評判が良かったので、まずは相談してみようと思いました。

 

一歩一歩、ゆっくりでも歩き続ければ、気づけばスタート地点からかなり遠いところまで来ることができる。

今回は、「お客様の声」を例に挙げてみました。

他にも、

・読書
・スポーツ
・ビジネススキル

など、今回の話は色々なことに当てはまるのだと思います。

あなたは、一歩一歩、どんなことを積み上げている?

鉾立

 

追伸

【5/11(金)まで】
終了しました!

実は、あなたにお願いがあります…

最近地味~に鉾立栄一朗事務所のFacebookページを開設しました。

「お客様の声」の更新情報を中心にちょくちょくアップしています。

鉾立榮一朗事務所 Facebookページ

(あなたがこれから「お客様の声」を集めようとしていたとしたら、きっと参考になるんじゃないかと思います。)

 

ただ、ちょっと困っていることがあって、、

開設して間もないので、Facebookページにまだ4つしか「いいね」がついていないんです(涙)。

5/14(月)配信の【サポート通信オンライン】(鉾立榮一朗事務所の専門家・実務家向けWebマガジン)で正式に読者さんに開設したことを報告しようと思っているのですが、その時点で「いいね」が4つ、というのはちょっと寂しいなと、、

 

そこであなたにお願いがあります…

鉾立榮一朗事務所のFacebookページに「いいね」をポチッと押してもらえないでしょうか?

5/11(金)までにページに「いいね」を押すだけで、もれなく、、

私が8年間実践研究してきて、今も実際に「お客様の声」を集めるときに使っている

「アンケート(インタビュー)シート・テンプレート」_Ver3.0

をプレゼントします!

(★使用方法の解説レポート付き。PDFファイル15ページ)

 

このテンプレートと解説レポートを読めば、

●「お客様の声」を集める前に知っておきたいこと
●なぜ、「声」を集める方法はインタビュー形式がベストなのか?
●どんな質問を、どんな順番でお客様にインタビューすれば良いのか?

●インタビューに失敗しないための注意点と、うまくインタビューするための7つのコツ
●インタビュー内容のホームページや販促物への掲載許可の取り方
●「お客様の声」 5つの活用方法

などが良く分かると思います。

通常はクライアントさんにのみ配布しているテンプレートなので、
5/11(金)で締め切りますね。

この機会にぜひ!

【5/11(金)までです!】
↓ ↓ ↓
しょうがないから、今すぐ「いいね」を押してあげる
終了しました!

 

追伸2

【重要】「いいね」を押したけど、まだテンプレートを受け取っていない方へ

至急、こちらの記事をご覧ください。

 

Pocket

The following two tabs change content below.
起業・経営アドバイザー/財産コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者の転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実に向き合いながら、再起にかけるクライアントの財産コンサルティングに取り組む。 「経営アドバイザーと財産コンサルティングは両輪である」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。