Pocket

モチベーション

 

こんにちは、鉾立です。

「鉾立さんは独立されて何年になるんですか?」

「2009年の秋に独立したので、今年で●年目になりますねー 35歳のときです」

という会話を続けて6年以上が経ちました。

いやほんとに、月日が経つのはあっという間ですね。

うまくいかないことや失敗も多々ありましたが(汗)、独立から現在まで、ビジネスのモチベーションは相変わらず高く保っていると思います。

ということで今回は、ビジネスのモチベーションについて私の気づきをシェアしたいと思います。

 

「ネガティブな感情」は起業・独立の原動力になるけど、、

先ほどの会話の続きです。

「でも自分のライフプラン的には、40歳で独立のはずだったんですけど、事情があって早まってしまって、、」

独立する前、私は企業再生コンサルティング会社に勤めていました。

2009年の春頃、諸事情からその会社の存続が困難になってしまうという状況に直面。今後のキャリアについて悩む日々が続いていました。

右も左も分からない状態でその会社に入って3年目、やっと自分のクライアントが増え始め、仕事が面白くなり始めたところでした。正直、独立まであと数年はその会社でキャリアを積みたかったのですが、、

選択肢としては、同業への転職か、独立。

まず転職を第一と考えて、当時の業務提携先数社に自分自身と案件の仕入れルート(会社公認)を売り込むも、納得できる条件はもらえませんでした。

そこであえなく独立する道を模索することに。

当時はリーマンショックの直後で、知人からは「よくこんな時期に独立するなー」「大丈夫?食っていける?」なんて言われたものです。

が、独立するからは、そんな人たちを見返したい。

マーケティングの本を読み漁り、ビジネス系のセミナーによく行っていたのもこの時期です。

いやー今思うとネガティブな動機ですね。

けど、間違いなく、そんな思いが起業・独立の原動力になりました。

 

モチベーションには2種類ある?

だけれども、「そんな人たちを見返したい」というネガティブなモチベーションだけではここまでやってこれなかったと思います。

前回の記事「移動時間に手軽にビジネスに役立つ情報を入手する方法 」でご紹介したポッドキャスト番組、秋山ジョー賢司の『自分の可能性を解放するセルフコーチング』の第35回、第36回で、ビジネスのモチベーションについてとても分かりやすく解説していたのでシェアしようと思います。

 

 

マイナスな感情から湧き起こるモチベーションを『フィア・ベース』のモチベーションと呼びます。

(中略)

フィア(Fear)とは「恐れ」です。
今いるところは嫌。許せない。ここにいたくない。
という恐れをベースとしたモチベーションです。

(中略)

経営をしていく際に、
・見返してやる!(=誰かからバカにされている感覚)
・優秀さを証明してる!(=自分が認められていない感覚)
・サラリーマンは嫌!(=嫌なことはしたくない)

というモチベーションは、「したい」ではなく「恐れ」という感情がエンジンとなっています。

(中略)

そしてこのフィア・ベースのモチベーションの特徴は、
・爆発力がある。
・直ぐに行動に移せる。
という利点があります。

(中略)

その反面、継続力がありません。

(中略)フィア・ベースをモチベーションにしてきた場合、それが達成した瞬間、モチベーションを失うのです。

秋山 ジョー 賢司 『モチベーション・ロス』 ~経営者のマインドセットの秘密 Vol.22~

 

 

 

「フィア(恐れ)」ではなく、「ラブ(Love)」をベースにしたモチベーション

(中略)

心からそうしたい!どうしてもそうしたい!
という心からの望みや、感情がモチベーションになっているものです。

(中略)

コア・バリューとは、コア(核)となる価値観。

(中略)

コア・ビジョンとは、辿り着きたい場所。実現したい世界観。
つまり目指したい星になります。

コア・バリューとコア・ビジョン。
この2つがラブ・ベースのモチベーションとなるのです。

秋山 ジョー 賢司 『ラブなモチベーション』 ~経営者のマインドセットの秘密 Vol.23~

 

改めて、経営者としてのコア・バリュー、コア・ビジョンについて考えてみよう

幸いなことに、私の場合は独立前後に良質な書籍や尊敬できるメンターと出会えたことで、フィア・ベースのモチベーションだけでなく、ラブ・ベースのモチベーションも同時に保てていたように思います。

今、私のコア・バリューは、

1. 相手の立場に身を置く

2. 関係当事者がWin-Winとなる未来を見出す

3. 人の気づきを引き出す

コア・ビジョンは、

財産の問題、経営の問題でお困りの方をサポートし、ハッピーな将来を実現してもらう

経営の原理原則を実践する経営者を増やして、ハッピーな世の中を創る

まだまだ自分がやりたいビジネスの理想形(7つの事業の経営者)にはほど遠いですが、少しずつ形にしていきたいと思います。

 

あなたにとってのビジネスのモチベーションは何?

 

追伸

「自分はこれからどこに進んでいけばいいのか、、」と日々悶々としている経営者の方はこちら

http://hokodate-eiichilaw.com/business/adviser/

 

チャレンジする起業家・経営者向けに、
代表・鉾立のフィルターを通した
「起業・経営の原理原則」情報
をお届けするメールマガジン、
【リバイバル通信】。
※バックナンバー

毎週、確実に記事を受け取りたい方
にオススメです。

  • 起業家・経営者向け
    「有益ビジネス情報」
    受け取ることができます
  • 起業・経営の
    「普遍的な原理原則」
    を学ぶことができます
  • 気に入らなければ、
    いつでも簡単に登録を
    解除することができます


▼ご登録(無料)は今すぐこちらから▼

 

Pocket

The following two tabs change content below.
起業・経営アドバイザー/財産コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者の転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実に向き合いながら、再起にかけるクライアントの財産コンサルティングに取り組む。 「経営アドバイザーと財産コンサルティングは両輪である」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。