Pocket

考える人

 

こんにちは、鉾立です。

前回の記事、「書く」技術を身につけるには?①では、ブログを始め日々仕事で文章を書きまくっている私が「書く技術」を身につけるのにとても役に立った書籍、そしてビジネスにおいてなぜ「書く技術」が重要なのかをお伝えしました。

今回は、「書く技術」について更に踏み込んでお伝えしようと思います。

 

人は予定調和に安心する

前回の記事でご紹介した書籍、「人の心を動かす文章術」/樋口 裕一 (著)では、文章を「予告・エピソード・展開・まとめ」という「型」で書くことを勧めています。

私が書く文章もほぼすべてこの型で書かれています。

例えば、、

予告「今回は、○○についてお伝えしようと思います」(またはタイトルのみ)

エピソード「以前、こんなことがありました」

展開「これって、こういうことだと思うんです」

まとめ「やっぱり、○○は○○ですね」

という感じです。

水戸黄門じゃないですが、いつも決まって同じパターン(笑)。

が、人は予定調和に安心するもの。

私としても、一から文章構成を考える必要がないので、その分文章の質の向上や推敲に時間が使えます。

この型があるおかげで、読み手に変なストレスを与えることなく、「伝わる」文章が書けるのだと思います。

 

文章の質を向上させるのに役立ったのはこの本

さて続いては、実際に文章を書き上げた後のお話です。

「夜に書いたラブレター。 翌朝読んでみると・・・・・・」、なんて話がありますが、時間を置いて客観的な視点で文章を読んでみると、結構、修正点 (お恥ずかしい点)が見えてくるもの。

そこで、書いた文章を対外的に発信・公表する前に、文章を “推敲する” (十分に吟味して練りなおす)プロセスを踏む人は多いのではないでしょうか?

私なんかは読み返せば読み返すほど、自分の文章力・語彙力の無さに落ち込んでくるのですが、やはり「読んで下さる方にとってわかりやすい文章」を書くためには文章推敲のプロセスは欠かせません。

では、「読む側にとってわかりやすい文章」とはどのような文章なのでしょうか?

私が対外的に文章をリリースする前の文章推敲時に指針としているのがこの本です。

 

日本語の作文技術 (朝日文庫)
日本語の作文技術 (朝日文庫)
本多 勝一 (著)

 

 

わかりにくい文章の実例を検討してみると、最も目につくのは、修飾する言葉とされる言葉とのつながりが明白でない場合である。原因の第一は、両者が離れすぎていることによる

節を先にし、句をあとにする

私がふるえるほど大嫌いなBを
私の親友のCに
Aが(紹介した)

長い修飾語は前に、短い修飾語は後に

明日はたぶん大雨になるのではないかと
私は(思った)

テンは決して無駄なところにうたれていない。かならず理由のあるところ、それだけにうたれている。(中略)必要なところ以外にはうつなと極論することもできよう

この種の「が」を使われたとき困るのは、読者がここで思考の流れを一瞬乱されるからなのだ。「が」ときたら、それでは次は逆説かな、と深層心理で思ったりするが、それはあとまで読まないとわからない。それだけ文章はわかりにくくなる

名文章家といわれる人は、頭の中で無意識に朗読しながら書いている。自分の文章に固有のリズムが無意識に出るようになったとき、その人は自らの文体を完成させたのである

一般の人は遠い世界のことよりも身近なことに、自分に関係の薄いことよりも直接関係のあることに、抽象的なことよりも具体的なことに高い関心を抱いている

 

実はリリースした後も修正の連続、、

もっとも私の場合、 文章推敲のプロセスを踏んでいるにもかかわらず、出来上がった文章は突っ込みどころ満載だったりします(汗)

実際当ブログにしても、アップロードした記事を数日後に読み返して再び直すこともよくあります。ちなみに鉾立榮一朗事務所HPの内容修正は日常茶飯事です。

が、一言に文章を直すといっても、そのアプローチは様々です。

たとえば、

  • 時間を置いて、客観的な視点で読んでみる
  • 具体的な読み手(「もし〇〇さんが読んだら」)の視点で読んでみる
  • 声に出して読んでみる
  • 信頼できる第三者から意見をもらう
  • (PC画面だけでなく)スマホ画面で読んでみる
  • 書籍や会話などから “良いフレーズ” を発見する
  • ある日突然、 “良いフレーズ” が思いつく

さらにいえば、年月が経つことによって当然自分の文章力・語彙力も上がるでしょうし、そうすれば自ずと文章表現も変わってくるはず。

文章を書くということは、本当に奥の深い作業ですね。

 

日本語の作文技術 (朝日文庫)
日本語の作文技術 (朝日文庫)
本多 勝一 (著)

【目次】
第1章 なぜ作文の「技術」か
第2章 修飾する側とされる側
第3章 修飾の順序
第4章 句読点のうちかた
第5章 漢字とカナの心理
第6章 助詞の使い方
第7章 段落
第8章 無神経な文章
第9章 リズムと文体
第10章 作文「技術」の次に
<付録> メモから原稿まで

 

追伸

いやいやいや、それでもやっぱり「書くことは苦手!」という方はこちら

http://hokodate-eiichilaw.com/business/writing/

チャレンジする起業家・経営者向けに、
代表・鉾立のフィルターを通した
「起業・経営の原理原則」情報
をお届けするメールマガジン、
【リバイバル通信】。
※バックナンバー

毎週、確実に記事を受け取りたい方
にオススメです。

  • 起業家・経営者向け
    「有益ビジネス情報」
    受け取ることができます
  • 起業・経営の
    「普遍的な原理原則」
    を学ぶことができます
  • 気に入らなければ、
    いつでも簡単に登録を
    解除することができます


▼ご登録(無料)は今すぐこちらから▼

Pocket

The following two tabs change content below.
起業・経営アドバイザー/財産コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者の転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実に向き合いながら、再起にかけるクライアントの財産コンサルティングに取り組む。 「経営アドバイザーと財産コンサルティングは両輪である」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。