Pocket

e097556a100005d97de70d3e1f8bb664_m

 

こんにちは、鉾立です。

前回の記事、「お客さんにベネフィットを伝えているか?」では、私が一眼レフカメラを買ったときの決め手になったかなりお恥ずかしい動機を例に、マーケティングにおける「ベネフィット」(お客さんが商品・サービスを購買・使用することによって得られる価値、成果、効用)の重要性をお伝えしました。

お客さんにベネフィットを伝えているか?

でも、そもそもベネフィットはどうやって見つけたらいいのか?

そんな疑問があるかもしれません。

今回は、自社の商品・サービスから簡単にベネフィットを見つける方法をお伝えしようと思います。

 

仕事をするなら、どんな会社で働きたい?

うちの会社(Change&Revival㈱)で今、ある介護系の業種のクライアントさんの経営アドバイザーを務めています。

どの業種でもそうだと思いますが、今、求人は売り手市場。

クライアントさんの事業所でも目下の課題は人材の確保でした。

そこでうちの会社では、求人チラシのポスティングとホームページの新設を提案。

求人チラシを見る → ホームページを見て問い合わせる

の導線の設計とツールの制作を今年の1月からサポートさせていただくことになりました。

取り組み始めてから一定の時間を要しましたが、地道な努力の甲斐あって、現在求人の応募が徐々に増えてきました。

今回このプロジェクトで特に力を入れたのは、この事業所で働くスタッフのベネフィットを考えることでした。

すなわち、スタッフさんがこの事業所で働くことによってどんな価値、成果、効用が得られるか、という部分です。

 

商品・サービスからベネフィットを見つける方法

私がクライアントさんの商品・サービスからベネフィットを見つけるときは、いつも次の3つのステップで考えています。

◆ステップ1
商品・サービスの特長(特徴)を洗い出す

◆ステップ2
見込み客の立場に身を置く

◆ステップ3
ステップ1で洗い出した商品・サービスの特徴を見込み客のベネフィットに変換する

 

今回の求人募集プロジェクトでも、この3のステップに沿って考えました。

で、クライアントさんと一緒に考えたのが次のベネフィットです。

 

●●はどんな事業所?

スタッフも利用者さんもとてもいい人ばかりなので働きやすい職場です♪

事務所の代表は気さくな人で、色々と相談もできて楽しく仕事ができます♪

・初めての方でも研修期間がしっかりあるので安心して働けます♪

・月1回の会議でスタッフ同士の意見交換や利用者さんの情報交換もでき、いろいろな人の意見が聞けて勉強になります

・一対一の対応が基本なので、利用者さんと密なコミュニケーションがとれます

・通常のヘルパー業務だけでなく、医療的ケア(喀痰吸引等)にも対応しているのでスキルアップできます

子供から大人まで、様々な利用者さんがいらっしゃいます。特に子供が好きな方には合っている仕事だと思います♪

 

このベネフィットは、そのままクライアントさんのホームページの「スタッフ募集・求人情報」ページに掲載しています。

 

エクササイズをしてみよう!

共働きの我が家では、「家事を楽しく効率化!」をモットーに日々家事のPDCAを回しています。

で、最近の我が家のヒット商品は、洗い終わった食器をふく用に買った日東紡ふきん

あの総合生活雑誌「暮らしの手帖」編集部とコラボして開発された50年の歴史を持つロングセラーのふきんです。

そのパッケージには、こんな説明書きが入ってました。

 

img_2781-jpg

 

説明書きに特長が6つほど書いてありますよね。

 

日東紡ふきんの特長

・水をとてもよく吸います

・洗っても洗っても丈夫です

・生地がしなやかです

・ふいたあとケバつきません

・使いよい大きさです

・このふきんは蛍光染料を使用しておりませんので安心して御利用頂けます

 

では、ここで練習問題をひとつ。

<前提条件>

・あなたは日東紡のマーケティング担当者
・このふきんを新しいマーケットに販売するため、コピーを作ることになりました

ということで、この「日東紡ふきんの特長」をベネフィットに変換してみましょう。

ちなみに、私が考えたベネフィットは、、

マーケットは、共働き世帯で家事をこなす中年男性とします(←ワタシのことw)。

・水をとてもよく吸うから、食器をふくのは一度でOK。もう面倒な二度ぶきのストレスから解放されます

・ふいたあとケバつかない!食器がツルツルになるふき心地に感動!

・使いよい大きさ。ふける布面が大きいから、一度にたくさんの食器をふくことができます

いやー日東紡のふきん凄いわー 使ってみてマジでそう思いましたよ。

こんなコピーを世の中の家事をするお父さんが目にしたら、きっと即買いすると思うけど、どうでしょう?

あなたなら、どんなベネフィットを思いつく?

ぜひあなたの商品・サービスについても、見込み客のベネフィットを考えてみてください。

 

追伸

「集客」「販促」「求人」で成果を出したいと考えている方はこちら

http://hokodate-eiichilaw.com/business/writing/

 

チャレンジする起業家・経営者向けに、
代表・鉾立のフィルターを通した
「起業・経営の原理原則」情報
をお届けするメールマガジン、
【リバイバル通信】。
※バックナンバー

毎週、確実に記事を受け取りたい方
にオススメです。

  • 起業家・経営者向け
    「有益ビジネス情報」
    受け取ることができます。
  • 起業・経営の
    「普遍的な原理原則」
    を学ぶことができます。
  • 気に入らなければ、
    いつでも簡単に登録を
    解除することができます。


●登録後すぐに、「起業」や
「新規事業立ち上げ」の際に役立つ
『あなたの核になる事業は?【PAM理論】™』
特製ワークシート(PDF)が届きます。

▼ご登録(無料)は今すぐこちらから▼

Pocket

The following two tabs change content below.
起業・経営アドバイザー/財産コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者の転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実に向き合いながら、再起にかけるクライアントの財産コンサルティングに取り組む。 「経営アドバイザーと財産コンサルティングは両輪である」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。