Pocket

 

こんにちは、鉾立です。

いや~ 暑いですね。

今日は東京都心で37℃の予想なんだとか。

暑い夏と言えば、怖い話。

今回は、いつも時間が足りないあなたのことを付け狙っている、恐怖のタイム・バンパイアについての話をしようと思います。(たまには趣向を変えて、、)

 

恐怖のタイム・バンパイアとは?

もしあなたが、

「いつも終電ギリギリまで仕事をしている、、」
「いくら時間があっても足りないよ、、」
「普通の時間帯に帰りたい、、」

(起業フェーズは別にして)仕事上、そんな悩みをもっていたとしたら、タイム・バンパイア(時間吸血鬼)のことを知っておいた方がいいかもしれません。

タイム・バンパイアとは?

私はこの本を読んでその存在を知りました。

 

『屁理屈なし 社長のための時間の使い方 改訂版』/ダン・S.ケネディ (著)

 

 

タイム・バンパイアは要求が多く、ガツガツしていて利己的で、たちの悪い生き物である。機会があればあなたの時間やエネルギーを全部吸い尽くし、生気を奪い衰弱させてしまうに違いない。いったん恰好の獲物を見つけたら、連中は毎日そこに行くようになる。たとえ食事や睡眠やビタミン剤で体力を回復したとしても無駄。バンパイアは、昨日と同じ場所で明日もあなたを待っていることだろう。もう一度徹底的に搾り取ってやろうと、手ぐすねを引いて。

 

お~ 怖いですね~

タイム・バンパイアとは、例えばこんな人。

 

あらゆるタイム・バンパイアの中でもおそらく最も油断ならないのが、”ミスターちょっとお時間よろしいですか”だ。(中略)

何度か奴を受け入れてしまったら、ますます図に乗って、次からはオフィスや家に「ふらっと立ち寄り」始める。「ちょっとお時間よろしいですか」とか、「1つ簡単な質問をさせてください」などと言ってこちらの緊張を解く。(中略)

同じように迷惑なのが、無差別に送られてくるEメールや携帯メールだ。(中略)いつでも、思い付くたびに、バンパイアはEメールを送る。いつでも、質問が思い浮かぶたびに ーなぜ何を調べるとか、自分で答えを考え出すとかしないのだ?― 、バンパイアはあなたに携帯メールを送信する。懲らしめられない限り、こんな風に奴は日に3回、6回、いや20回も姿を見せるだろう。

 

 

他にも、

・無駄な会議に明け暮れている”ミスター会議”

・くだらないことにこだわる”ミスター些細”

・何に対しても感情的に反応してしまう”メロドラマ・スター”

・相手の都合などお構いなしの”ミズ・かまってちゃん”(これは私が命名)

などなど。

あなたの周りに無数に存在するタイム・バンパイア。

知らず知らずのうちに、あなたの貴重な時間やエネルギーを奴らに奪われてしまっているかもしれませんよ。

 

タイム・バンパイアの撃退法

「そういえば、、 きっと奴はタイム・バンパイアに違いない!」

恐怖と怒りに震えているあなたのために、本書にはとっておきの撃退法が紹介されています。

それは、、

1. 姿をくらませる
2. 電話に出ない
3. Eメール、携帯メール、ファックスを管理する
4. 時限爆弾をセットする
5. 周りもすぐにわかるほど忙しくする

ちょっと解説が必要だと思いますので、詳しく見ていきましょう。

 

1. 姿をくらませる

最近は働き方改革に関する議論が盛んですが、中でも、テレワーク(情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと)の活用が注目されています。(※)

・在宅勤務
・モバイルワーク(顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を使う働き方)
・サテライトオフィス勤務(勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方)

といった仕事のスタイルに移行できれば、タイム・バンパイアも簡単にはあなたに近寄ることはできなくなるでしょう。

※参考 テレワークとは|テレワークの導入・活用|一般社団法人日本テレワーク協会

 

2. 電話に出ない

緊急かつ重要な電話ならいざ知らず、時間の意識の乏しいタイム・バンパイアからの電話は極力シャットアウトしたいもの。

私の場合は、

・集中仕事をする時間帯は携帯を機内モードにする
・営業時間外は基本、電話に出ない
・フリーダイヤルでかかってくる電話は出ない(ほとんどが営業電話)
・うっかり営業電話を取ってしまったら電話番号を即登録して以後電話に出ない

ようにしています。

 

3. Eメール、携帯メール、ファックスを管理する

本書には、「私の場合、ファックスしか使わない」と紹介されていますが、さすがに今の時代はオフィス環境的にファックスは使い勝手が悪いですよね。

私の場合は、

・Eメール
・携帯メール
・LINE
・Facebookメッセージ

を、相手との関係性、やり取りの内容などに応じて使い分けています。

・オフィシャルな場面や丁寧な説明が必要な場合などはEメール
・イエスかノーか、など即時性が求められる場面や、必要最低限の連絡事項の場合は、携帯メール・LINE・Facebookメッセージ

という感じです。

気をつけたいのはEメール。

特にホームページ経由でお客さんから質問・問い合わせメールが来たときにどのように対応するか、についてはしっかりと準備をしておくと良いと思います。

ただでさえメールのやり取りは文章の作成・推敲に時間がかかるもの。加えて、新規のお客さんは関係性が薄いため、誤解のないように丁寧な文章を書く必要があります。

鉾立榮一朗事務所では、簡単に答えられる質問・問い合わせに対しては、要点をまとめて一度だけ回答し、「メール相談(初回無料)は、問題解決のための一般的なアドバイスまでとさせていただいております」と付け加えて『無料個別相談』の利用をお勧めしています。

エンドレスなメールのやりとりほど時間が取られるものはありませんよね。

 

4. 時限爆弾をセットする

これは本書による解説が詳しいのでそのまま引用しますね。

 

もしあなたがかかってくる電話をとらなければならないとしたら、誰かと電話で話をするときには、終わりの時間を最初に決めておくのが賢明だ。例えば私ならこんな感じで言う。

「トム、電話会議が始まるまであと15分しかないんだけど、君からの電話に出たんだよ —それくらいの時間があれば、十分話せるだろう。いいかな?それともまた別の機会に電話のアポイントを入れなければダメだろうか」(中略)

誰かが”ふらりと立ち寄って”きたので、あえてその人に会うことにして相手をオフィスに招き入れる場合も、帰ってもらう時間を前もって決めておくのが賢い。

「ボブ、最近ではひょっこり訪ねる人に会う時間を作るのは難しいんだが、会えてうれしいよ。でも、30分しかないんだ。4時に重要な電話会議があるから、それ以上はダメなんだ。大丈夫だよね?」(中略)

このプロセスを私は、「時限爆弾をセットすること」と呼ぶ。

 

5. 周りもすぐにわかるほど忙しくする

 

最も簡単で安全なターゲットを物色している強盗が、ある家を通り過ぎて別の家を選ぶのと同じように、人の邪魔をして時間を盗み、浪費する人々は、最良の機会と一番ちょろいターゲットを探してオフィスを見て回っている。

との喩え話は、きっと真実なのでしょう。

タイム・バンパイアに狙われないためには、奴らが少しひるむぐらい、自分を忙しく見えるようにすると良いかもしれませんね。

 

最後にもう一つ怖い話。

実は、自分自身がタイム・バンパイアになってしまっていたとしたら、、

そっと鏡を覗いてみましょうか

(キャー)

 

また、あなたのビジネスに役立つ情報をお届けしますね。

チャレンジする起業家・経営者向けに、
代表・鉾立のフィルターを通した
「起業・経営の原理原則」情報
を毎週お届けするメールマガジン、
【リバイバル通信】。
※バックナンバー

毎週、確実に記事を受け取りたい方
にオススメです。

  • 起業家・経営者向け
    「有益ビジネス情報」
    受け取ることができます。
  • 起業・経営の
    「普遍的な原理原則」
    を学ぶことができます。
  • 気に入らなければ、
    いつでも簡単に登録を
    解除することができます。


●登録後すぐに、「起業」、
「事業コンセプトの再定義」、
「新規事業立ち上げ」の際に役立つ
『あなたの核になる事業は?【PAM理論】™』
特製ワークシート(PDFファイル5ページ)が届きます。


▼ご登録(無料)は今すぐこちらから▼

Pocket

The following two tabs change content below.
起業・経営アドバイザー/財産コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者の転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実に向き合いながら、再起にかけるクライアントの財産コンサルティングに取り組む。 「経営アドバイザーと財産コンサルティングは両輪である」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。