学びの時間を確保する方法・アイデア 5つ

Pocket

 

こんにちは、鉾立です。

今回のテーマは、前回に引き続き「学びの時間を確保する」

※前回の記事
なぜ、ビジネスパーソンには学びの時間が必要なのか

「学びの時間は必要」という問題意識を持っているけど、なかなか「まとまった学びの時間が取れない人」向けに、私が実践している学びの時間を確保する方法・アイデア」をシェアしようと思います。

 

学びの時間を確保する方法・アイデア

1. 学びの時間をスケジュールから天引きする

学びの時間を確保するには、これが一番確実な方法でしょう。

毎月の給料から天引きして積立貯金を行うように、「スケジュールから学びの時間をあらかじめ天引きしてしまう」という方法です。

学校というのは、その時間・場所で授業があるから、生徒は半ば強制的に勉強をするものです。

例えば、

・毎朝30分間本を読む
・お金を払ってセミナーに申し込んで学びに行く

など決めて、自分のスケジュールにあらかじめ「学びの時間」を組み込んでしまいましょう。

 

2. 移動時間を学びの時間にする

・通勤時間
・客先への訪問時

など、移動時間を学びの時間にすることができます。

私の場合、自宅から事務所に行くまでの約20分間、

・歩いている時間はiPhoneでポッドキャスト番組を聞く
・電車に乗っている時間は本を読む

ことで、通勤時間を学びの時間にしています。

移動時間に手軽にビジネスに役立つ情報を入手する方法

往復だと毎日約40分間、1週間だと約3時間(約200分)。

塵も積もれば山となります。

今年読んだ本のほとんどはこの移動時間で読んでいます。

 

3. 仕事を学びの場にする

日々の仕事からも学びを得ることができます。

若手の会社員なら、

・先輩から仕事を教わる
・上司から指導を受ける

というように、日々、学べる環境に身を置いているかもしれません。

が、自分でビジネスを始めると、親切に仕事を教えてくれる人は周りにいないことがほとんどです。

それに、自分の仕事に口出しをするような上司はいません。

では、スモールビジネス・オーナーが仕事を学びの場にするにはどうしたらいいのか?

それは、お客さんや取引先から謙虚に学ぶ姿勢を持つことだと思います。

・お客さんとの会話からサービス改良の学びを得る
・取引先の優れた業務プロセスから学びを得る

など、謙虚に学ぶ姿勢を持っていれば、仕事自体を学びの場とすることができます。

また、「今よりもっとよい商品・サービスを提供できれば、目の前のお客さんや、もっと多くのお客さんのお困りごとを解決することができる」と考えれば、「お客さんのために学ぼう」と自然に思えるでしょう。

 

4. 家庭を学びの場にする

家族との会話など、家庭も学びの場になります。

例えば、最近私が書いたこのブログ記事、

Webライティングの下書きはWordがおススメ[便利ワザ6つ]

は、月刊誌の編集者である奥さんとの会話がヒントになっています。

また、たまに大学生の姪っ子や甥っ子と話しをすると、「へ~ そう考えるんだ」と自分では思いもしなかった視点で学びを得ることがあります。

ただし、あまりやりすぎると、「いつも仕事のことばかり」と家族からブーイングを受けることになるのでほどほどに(汗)。

 

5. 遊びを学びの場にする

遊びも学びの場にすることができます。

以前ブログに書きましたが、フルマラソンの挑戦は、仕事にも応用できる大きな学びを得ることができました。

横浜マラソンチャレンジを通じて身に付いた自己マネジメント術

他にも、遊びの中から学びを得てブログ記事になったものが多数あります。

タグ 学び

ここでのポイントは2つ。

1つは、「オンオフ問わず、学びのアンテナが常に立っている状態」であること。

「学ぶことは大切」という問題意識を持っていれば、オンオフ問わず、自然と学びのアンテナが立つものです。

2つめは、「遊んだ後にどんな学びがあったか振り返る習慣を持つ」ということ。

せっかく得た学びや気づきも、記録に残さないと、ほとんど忘れてしまうものです。

それに、必要なときに「あれ?なんだったっけなー」とすぐに思い出せないものです。

手帳にメモする、日記を書く、SNSに投稿する、ブログを書く…

なんでもいいと思うんですが、遊んだ後に、学びを言語化する習慣を持つと良いと思います。

 

と、ここまで「学びの時間を確保する方法・アイデア」5つ紹介しました。

もしあなたが、

「学びの時間は必要」という問題意識を持っているが、なかなかまとまった学びの時間が取れない

のなら、今日ご紹介した方法・アイデアをぜひ試してみてください。

あなたの「学びの時間を確保する」ヒントになると嬉しいです。

 

追伸

また、仕事に関する「気づき」や「学び」があったらお伝えしますね。

毎週、確実に記事を受け取りたい方におススメです。

プレゼントを受け取って、Webマガジンに登録する

 

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。