小規模企業が在宅勤務・テレワーク導入で揃える仕事アイテム まとめ

Pocket

 

こんにちは、鉾立です。

コロナウィルス、収束までにまだ時間がかかりそうですね。

奥さんの会社は、3月頭から10日間ほど在宅勤務になることが決まりました。
(奥さんはまだ育休中ですが。)

友人の経営者は、子供が通う小学校が臨時休校になったため、在宅勤務をしながら子供を見ることになるとのこと。

私はサラリーマンではなく、スモールビジネス・オーナー、つまり小規模ビジネスの経営者です。
現在、自宅とは別のところに事務所を借りています。

が、昨年、子供の誕生をきっかけに、在宅ワークに対応できるように仕事環境を見直しました。

このブログでもちょこちょこ私が在宅ワーク時に使用している仕事アイテムを紹介してきましたが、ここで一旦、それらの仕事アイテムをまとめておこうと思います。

 

私にとって、在宅ワーク時の必須仕事アイテムは、次の5つになります。

 

1. ノートパソコン

まず、これがないと始まりません。

 

VAIO SX14 シルバーの外観

 

私が現在使っているのは、VAIO SX14

事務所でもこのノートパソコンをメインで使っていて、毎日家と事務所間を持ち運んでいます。

 

【参考記事】
Windows・デザイン性・携帯性で選んだノートパソコン VAIO SX14 カスタマイズモデル

VAIO SX14を仕事のメインPCに→トリプルディスプレイにしました

 

もしこれからノートパソコンを買うのであれば、

  • サクサク動くスペック
  • 軽量(1,500g以下)
  • 画面サイズ14インチ以上(見やすく、キーボートが打ちやすい)
  • カメラ付き(SkypeやZoomの利用がスムーズ)

で選ぶと良いと思います。

 

2. オンライン(クラウド)ストレージ

家で仕事するなら、これも必須。

 

 

「どこにいてもファイルにアクセスできる環境」を手に入れると、もう、「会社のサーバーから必要なデータをUSBに入れて家に持ち帰って、自宅のパソコンで作業後にまた会社のサーバーにデータを戻す」なんてやり方にはもう戻れません。

私の場合、オンライン(クラウド)ストレージはマイクロソフトのOneDriveを利用しています。

理由は、「マイクロソフトのOffice365(月額・年額課金)を導入すれば、1TBのOneDriveがもれなく使える」からです。

なお、オンライン(クラウド)ストレージには、セキュリティの問題や安定性の問題はついて回りますが、それは物理的にサーバーを所有していても起こりうる問題と私は割り切っています。

 

【参考記事】
小規模オフィスのデータ管理はどうすればいい?

 

小規模企業が導入しやすいオンライン(クラウド)ストレージには、ほかにも、

などがあるので、まず無料版を試して、使い勝手を確認してみると良いと思います。

 

●ここからは、在宅勤務・テレワークに必須ではないけれど、あると仕事の生産性がグンと上がるアイテムになります。

 

3. モバイルディスプレイ

 

cocopar2019最新モバイルモニターとVAIO SX14

 

モバイルディスプレイがあれば、

  • メインのディスプレイで作業しながら、もう一方のディスプレイで別の情報を参照できる
  • マウスのポインターが2つの画面をシームレスに行き来できるので、コピペも自在

など、画面をいちいち切り替える手間が減るので、仕事の生産性がグンとあがります。

現在私が使っているのは、cocopar2019最新モバイルモニター

薄さはわずか1cmとコンパクトなのが気に入っています。

 

【参考記事】
在宅仕事の効率を上げるモバイルディスプレイ。購入~導入レビュー

 

4. トラックボール型マウス

ノートパソコンのタッチパッドとキーボードだけで作業するより、マウスがあった方が仕事が捗る人なら、おススメのマウスはトラックボール型マウス。

 

トラックボールマウス

 

自宅だと、仕事をするスペースが狭くなりがちですが、トラックボール型マウスなら、マウス自体は動かさず、ボールを回転させるだけなので、場所を取りません。(マウスを置く場所さえあればOK。)

在宅勤務用に、手元に1つ置いておくと重宝すると思います。

私が自宅に置いているのは、Digio2 トラックボールマウス 小型 Bluetooth 5ボタン(上の画像の左の方)になります。

操作性は悪くなく、クリック音も静かなのでとても気に入っています。

 

【参考記事】
トラックボールマウスは「操作性」と「持ち運びやすさ」で選ぶべし

 

5. プリンター

 

 

すべての書類をデータ化していたとしても、まだまだ紙ベースの書類は仕事で使うことが多いもの。

私も仕事柄、

  • 対外的にリリース・提出する書類の作成
  • 作成した書類の最終チェック
  • 資料の読み込み+メモ

などをするときは、プリンターで紙にしないと仕事が滞ってしまいます。

私が自宅で使っているのは、カラープリント対応のCanon インクジェットプリンター PIXUS iX6830

スマホプリントにも対応している(例えばiPhoneのOneDriveアプリから直接プリントができる)ので重宝しています。

もっとも、たま~にしかプリンターを使うことがないのなら、コンビニのネットプリントで十分かもしれません。

私も外出先で急遽プリントする必要があるときなどは、コンビニのネットプリントを利用しています。

WordやPDFファイルなどが印刷出来て便利です。

逆に、スキャナーについては、私の場合そう大量に書類をスキャンする場面はないので、スマホで写真を撮ってPDF化→OneDriveに保存すれば足りているので、必要性を感じていません。
(この辺りは仕事の内容によると思います。)

 

【参考記事】
iPhoneの標準メモアプリをスキャナー代わりにする方法

 

以上が、私が在宅ワークで使っている主要仕事アイテムになります。

在宅勤務・テレワークを検討している小規模企業の経営者、ビジネスパーソンの参考になると嬉しいです。

ところで、このコロナウィルス騒動をきっかけに、在宅勤務・テレワークが一気に世の中に広まるフェーズに入るんじゃないかと思っています。

もちろん、飲食店をはじめとするサービス業にとっては、「テレワーク?関係ないでしょ」と思われるかもしれませんが、対面サービス以外の新たなサービス(デリバリー、テイクアウト、オンラインサービスなど)を考える契機にもなるんじゃないでしょうか。

 

追伸

また、あなたのビジネスに役立つ情報をお届けしますね。

こちらもぜひ

無料でプレゼント

 

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.
鉾立 栄一朗
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント。 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。