【小ワザ】スマホのデータ通信量を極小化する方法

Pocket

 

今回は、スマホのデータ通信量を極小化する方法をシェアしようと思います。

というのも、ある日ふと、「毎日ほぼWi-Fi環境下で過ごしているのに、携帯キャリアのデータ通信無制限プランに入っているのは意味ないんじゃないか…」と(今さら)気づいたんですよね。

昨年は大手携帯キャリアがそろって料金プランを見直したり、格安SIMが普及してきたりして、携帯料金ってめちゃくちゃ下がった印象なんですけど、私はいまだに毎月1万数千円。

うーむ、もう少し料金が下がらないものか、、

そこで、長年使ってきた某キャリアの料金プランを「ギガをあまり使わないプラン」に見直そうと、試しに自分が1か月でどれだけデータ通信量を使っているのかテストしてみたんです。

「毎日ほぼWi-Fi環境下だから、3ギガもいかないはず」と思っていたのですが、、

すると、4G・5G環境下でスマホをそんなに使っている意識がないにもかかわらず、何気にけっこうなデータ通信量を毎月食っていることが判明。

これじゃあ、料金プランを変更してもあまり意味がないではないか!

それでアレコレ調べていたら、ある設定をするかしないかで、データ通信料が大きくかわることがわかりました。

その設定というのが、モバイルデータ通信

iPhoneの場合は、

設定アプリ

モバイル通信

に進むと、「モバイルデータ通信」に緑のチェックが入っていると思います。

さらに下を見ていくと、モバイルデータ通信量の大きい順からアプリが並んでいます。

私の場合、すべてのアプリに緑のチェックが入っていた状態で、ダントツで一番データ通信料を食っていたのはPodcast(ポッドキャスト)でした。
Wi-Fi環境下で更新された番組をダウンロードしておけば済むのに、4G・5G環境下でも自動的に番組をダウンロードしていたのがデータ通信料を食っていた原因でした。

続いては、ブラウザアプリのSafari。
外出先でつい反射的に検索していたのでしょう。

そして、Gmailアプリ、Yahoo!アプリ、リアルタイムアプリ、株取引アプリが続いていました。

その他にも、普段ほとんど使っていないアプリがデータ通信料を消費していました。
これは自動アップデートやバックグラウンドで動作していたのだと思います。

そこで、いったんすべてのアプリについて緑のチェックを外して、4G・5G環境下でほんとうに必要なアプリだけ緑のチェックを入れることにしました。

ちなみに、私が緑のチェックを入れたアプリは、

  • Googleマップ
  • LINE
  • ペイペイ、スイカなどの決済用アプリ
  • 楽天ポイント、カルディなどの店舗系ポイントアプリ

になります。

この状態で1か月間スマホを使ってみたところ、外出時はすっかり「断スマホ」モードに。

これがむしろ快適で、いかにスマホ依存だっだか、いかに無駄なデータを浪費していたか気づいた次第です。

そして気になるデータ通信量ですが、、

なんと、先月のデータ通信料はたったの0.1ギガに・・・!

1か月間で、ですよ・・・!

毎月のデータ通信量はほとんど考えなくていいと分かったので、格安SIMも候補に入れて、本格的に料金プランの変更やキャリアの乗り換えを考えることにしました。

この手の料金プランの比較や乗り換え手続きって、ほんとうに面倒だし苦手なんですが、、

毎月7,000円携帯料金が下がれば、年間84,000円のコスト削減。

ちょっと頑張ろうと思います。

 

追伸

また、あなたの仕事に役立ちそうな小ワザを見つけたらシェアしますね。

毎週、確実に記事を受け取りたい方におススメです。

プレゼントを受け取って、Webマガジンに登録する

 

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント。 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。