【仕事術】隙間時間をアイデア出しのゴールデンタイムにする方法②


 

前回は、隙間時間をアイデア出しのゴールデンタイムにする方法をテーマに、

そもそもの話として、

・アイデア出し」を習慣化することの効用

について、そして、

・いつ、「アイデア出し」をするか

について、私の方法をシェアしました。

【仕事術】隙間時間をアイデア出しのゴールデンタイムにする方法①

続いて今回は、

・どうやって、出したアイデアをストックするのか

この点について、私の方法をシェアしようと思います。

 

どうやって、出したアイデアをストックするか

せっかく出したアイデアも、忘れ去られてしまったら意味がありません。

そのためにも、出したアイデアをどの場所にストックするかが重要になります。

ストックしておく場所は、大きく分けて、

①手帳などのアナログツールか、②スマホなどのデジタルツールになると思います。

この点、私が重視しているポイントは、次の3つ。

  • 出したアイデアのメモのしやすさ
  • 出したアイデアの整理のしやすさ
  • 出したアイデアの参照のしやすさ

いずれの点においてもデジタルツールが優れていると考えているため、出したアイデアのストックには、最近はもっぱらiPhoneの標準メモアプリを使用しています。

 

 

他のデジタルツール(Evernote、マインドマップなど)もいろいろ試したんですが、結局、iPhoneの標準メモアプリが、

  • オフラインで使える
  • 立ち上がりが早い
  • デバイス間の連携がスムーズ

といった点で使い勝手がいいんですよね。

ちなみに、デバイス間の連携については、iPhoneの標準メモアプリにGmailフォルダを作ってアイデアをストックしておくと、パソコンのGmailアプリからも参照することができるので便利です。

iPhoneの標準メモアプリ

GmailのNotesから参照

 

※パソコンから(Windows)からiPhoneの標準メモアプリにアクセスする方法については、こちらのサイトで詳しく解説されています。

iPhoneの『メモ』アプリにWindowsからアクセスする方法 iCloudやGmailで共有可能

 

最近、携帯電話料金のプラン見直しの一環で、スマホのデータ通信量を最小化すべく、外出時は必要なアプリを除いてネットに繋がらないようにしています。

そのお陰で、外出時の隙間時間が、私にとってのアイデア出しのゴールデンタイムになっています。

あとは実行の時間をいかに確保するかが問題ですが、「アイデア出し→実行」のサイクルを、出来るだけ早く回していこうと思います。

 

追伸

また、あなたの仕事に役立ちそうな情報をお届けしますね。

毎週、確実に記事を受け取りたい方におススメです。

プレゼントを受け取って、Webマガジンに登録する

 


The following two tabs change content below.
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント。 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。