Pocket

stormtrooper-1343877_1920

 

こんにちは、鉾立です。

以前の記事で、マーケティングにおける「ベネフィット」(お客さんが商品・サービスを購買・使用することによって得られる価値、成果、効用)の重要性を2回に分けてお伝えしました。

お客さんにベネフィットを伝えているか?

自社の商品・サービスからベネフィットを見つける方法

今回は、「ベネフィット」以前の問題のお話。

あなたのホームページやメールマガジン、DMなど、自社の集客メディアの反応率を上げるちょっとしたコツをお伝えしようと思います。

 

クライアントさんのホームページリニューアル案件が進行中

「もともと自分で作ったホームページなんだけど、もう長いこと更新してなくて今は化石状態(笑)。鉾立事務所のホームページみたいな雰囲気で、うちのホームページもリニューアルしたくて、、」

そんな相談から始まって、現在、あるクライアントさんのホームページのリニューアルをサポートしています。

サポートの形式は、設定したビジネスコンセプトに基づいてクライアントさんが執筆したコンテンツを、私が添削するというスタイル。

現在までに、

・トップページ
・商品・サービス(料金)
・会社概要・プロフィール
・お客様の声(事例・評判)
・ランディングページ
・購買・申込みページ

のコンテンツがほぼ完成していて、残るはあと数ページ。

完成したコンテンツはデザイナーさんに渡していて、先日デモをチェックしましたが、私が嫉妬してしまうぐらい(!)いい感じのホームページになりそうです。

いやー仕上がりが楽しみです。

 

私がクライアントさんに繰り返しアドバイスしたこと

で、コンテンツを添削しながら私が繰り返しクライアントさんにアドバイスしたことがありました。

それは、

マーケティングにおけるメッセージは、”1対多”ではなく、”1対1”が基本

だということ。

例えば、ネットで調べものをしていてたどり着いたページに、次の2つ文章があったとすると、どちらの文章が読み手の関心を引き付けるでしょうか?

① 皆さんは、〇〇のことで困ったことはありませんか?

 

② あなたは、〇〇のことで困ったことはありませんか?

 

①は、書き手と読み手が”1対多”のメッセージであるのに対して、②は、書き手と読み手が”1対1”のメッセージになっています。

大勢の聞き手の前でスピーチする場合は「皆さんが」と話すのが自然ですが、ネットで検索して見つけた情報ページは、読み手にとってはパーソナルなメディア。

やはり、「皆さんは」より、「あなたは」と書かれていたほうが、読み手は”自分事”として関心を引き付けられるのだと思います。

クライアントさんの場合、”先生”職という仕事柄、無意識に「皆さん」というフレーズを繰り返し書いてしまっていたのでしょう。

加えて、

・硬い文章は → やわらかい話し言葉に
・専門用語は → 読み手が一般的に使う言葉に
・イメージが湧かない文章は → 具体例で説明

といったことも、添削しながら繰り返しアドバイスしました。

クライアントさんのホームページは、11月中にリニューアルする予定です。

開設したら、またこちらでご紹介しますね。

あなたは、自社の集客メディアでどんな言葉を使っている?

 

追伸

「そう言えばうちのホームページも、、」
ホームページのリニューアルを検討している方はこちら。


http://hokodate-eiichilaw.com/business/website/

 

チャレンジする起業家・経営者向けに、
代表・鉾立のフィルターを通した
「起業・経営の原理原則」情報
をお届けするメールマガジン、
【リバイバル通信】。
※バックナンバー

毎週、確実に記事を受け取りたい方
にオススメです。

  • 起業家・経営者向け
    「有益ビジネス情報」
    受け取ることができます。
  • 起業・経営の
    「普遍的な原理原則」
    を学ぶことができます。
  • 気に入らなければ、
    いつでも簡単に登録を
    解除することができます。


●登録後すぐに、「起業」や
「新規事業立ち上げ」の際に役立つ
『あなたの核になる事業は?【PAM理論】™』
特製ワークシート(PDF)が届きます。

▼ご登録(無料)は今すぐこちらから▼

Pocket

The following two tabs change content below.
起業・経営アドバイザー/財産コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者の転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実に向き合いながら、再起にかけるクライアントの財産コンサルティングに取り組む。 「経営アドバイザーと財産コンサルティングは両輪である」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。