来てほしくないお客さんを減らす方法


 

もし、あなたのビジネスがWebサイトやチラシを使って集客していて、

  • 値段だけしか関心がないお客さんが多い
  • 無理な要求をしてくるお客さんが多い
  • クレーム客が多い

など、「来てほしくないお客さんが多いなあ」と思っていたら、原因はこれかもしれません。

 

お客さんは、キャチコピーに引き寄せられる

キャッチコピーとは、WebサイトやDM、チラシなどで使われる、一番目立つ場所に配置される人の注意を引く宣伝文句のこと。

あなたが来てほしくないと思っているお客さんは、Webサイトやチラシのキャッチコピーが引き寄せてしまっている可能性が高いです。

なぜなら、多くの場合、お客さんはまずキャチコピーを見てから、その先のステップに進むかどうかをか決めるから。

たとえば、eコマース最大手のAmazon。

キャッチコピーは、

「アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料」

となっています。(2022年4月現在)

このキャッチコピーは、

「とりあえずAmazonなら何でも売ってそう」
「Amazonならいつでも安く買えそう」
「Amazonなら配送料がかからない」

と考えているお客さんを引き寄せています。

もし、あなたのビジネスのWebサイトやチラシのキャッチコピーで、「価格の安さ」を全面に訴求していれば、価格重視のお客さんを呼び寄せるでしょう。

また、「どんなことでもご相談ください!」と訴求していれば、そりゃあ、無理な要求をしてくるお客さんが出てきても仕方ないと思います。

 

キャッチコピーを見直す際のポイントは?

キャッチコピーを見直す際のポイント。

それは、「一番来てほしい理想的な顧客像を明確にして、その人に呼びかける言葉を考える」
これに尽きると思います。

あなたのビジネスにも、きっと、大切な常連さんや上顧客がいると思います。

  • そういったお客さんは、普段どんな悩みを抱えているのか?
  • そういったお客さんは、普段どうやって悩みを解決しているのか?
  • そういったお客さんに、どんな解決策を提供できるだろうか?

そこからキャッチコピーを考え直して、言葉を磨いていけば、きっと、来てほしくないお客さんを減らすことができるでしょう。

 

ビジネス上のミスマッチは、自社とお客さんの双方にストレスがかかります。

来てほしくないお客さんを「自ら」引き寄せていないかどうか、一度、キャッチコピーを点検してみてください。

 

追伸

また、あなたのビジネスに役立つ情報をお届けしますね。

毎週、確実に記事を受け取りたい方におススメです。

プレゼントを受け取って、Webマガジンに登録する

 


The following two tabs change content below.
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント。 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。