Pocket

 

こんにちは、鉾立です。

前回の記事で、面倒くさいけど、やれば確実に競合と差別化できる方法として、ザイアンスの法則を根拠に自社ニュースレター発行の有用性について書きました。

面倒くさいけど、、やれば確実に競合と差別化できる方法【ザイアンスの法則】

そうは言っても、これからニュースレターを継続して発行していくとなると、「書くネタに困ったらどうしよう?」と考えてしまうかもしれません。

そう、ニュースレターの発行を継続していくためには、書くネタを欠かさないための仕組み作りが超大切。

今回の記事では、私も実践している自社ニュースレターのコンテンツネタに困らないためのアイデア18個を【前編】と【後編】で2回に分けてお伝えしようと思います。

 

自社ニュースレターのコンテンツネタに困らないためのアイデア18【前編】

 

1.事例

あなたのビジネスで扱う商品・サービスを購入すると、いったいどんないいことが起こるのか。またどんな問題を解決してくれるのか。そんなことを紹介する事例記事は、ニュースレターの王道コンテンツになります。

特にビフォーアフターが表現された事例は、ニュースレター読み手の関心をグッと惹きつけることでしょう。

 

2.お客様の声

これも事例と通じますが、あなたの商品・サービスを購入したお客様の生の声ほど強力なコンテンツはないでしょう。

お客様の声の「集め方」や「活用方法」については、以前私が書いた記事が参考になると思います。ぜひチェックしてみてください。

「お客様の声」を集める前に知っておきたいこと | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 前回の記事、お客さんに「よし、買おう」と確信してもらうための秘訣では、お客さんが商品・サービスを購入するときに、 「これなら失敗しないだろう」 と確信してもらうための秘訣について、様々な要素の中でも特に「お客様の声」が重要であることをお伝えしました。 続いて、「お客様の声」をマーケティングに活用するためのポイントについて、次の3つに分けてお伝えしようと思います。 1つ目は、「お客様の声」を集める前に読んでおきたい参考書籍 2つ目は、具体的な「声」の集め方 3つ目は、「お客様の声」の活用方法 今回の記事では、1つ目の「お客様の声」を集める前に読んでおきたい参考書籍についてお伝えしようと思います。 良質な書籍との出会い 2009年秋に独立する前から「お客様の声」がマーケティング上重要であることは頭では理解していましたが、 「では、どうやって「声」を集めたらいいのか」 という点については全くの無知でした。 そんな状況でしたので、とても良いタイミングで「お客様の声」に関する良質な書籍に出会えたのは運が良かったかもしれません。 まず参考になったのが、『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!』/ 岡本 達彦 (著) 。(初版は2009年5月) この本の素晴らしいところは、何と言っても「お客様の声」を収集するためのアンケートに、お客様の心理段階に合わせた5つの質問を設定すると良い、と紹介している点でしょう。 アンケートの質問は、お客様が購入をしようと考えてから、実際に購入した後までの5つの心理段階に合わせて、お客様の購入プロセスと同じ順番で構成されています。 『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!』/ 岡本 達彦 (著) 具体的な質問の中身については本書に譲りますが、鉾立榮一朗事務所の「お客様の声」は、本書の「「A4」1枚アンケートの5つの質問」がベースになっています。 鉾立榮一朗事務所HP 「お客様の声(会社・法人設立手続き)」 ↓
「お客様の声」の集め方―「インタビュー」7つのポイント | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 前回の記事、「お客様の声」を集める前に知っておきたいことでは、 「お客様の声」をマーケティングに活用する際のポイントについて3回に分けてお伝えするということ、そして1回目として、「お客様の声」を集める前に読んでおきたい参考書籍についてお伝えしました。 今回は2回目として、具体的な「お客様の声」の集め方についてお伝えしようと思います。 「声」を集める方法はインタビュー形式がベスト 「お客様の声」はインタビュー形式で集めるのがベストだと私が考えているのは、前回の記事でお伝えした通りです。 なぜなら、、 <アンケート用紙> Q. ぜひ感想をお聞かせください A. よかったです(以上!) そう、お店などでアンケート用紙への記入をお願いされても、正直、書くのは面倒だし、どうしてもありがちな回答や、簡潔な回答になりがちですよね。 「お客様の声」をマーケティングに活用する主な目的は、見込み客に「よし、買おう」と確信してもらうため。 であれば、見込み客が知りたいことを「先輩のお客さん」に詳しく教えてもらう、という視点が大事なのだと思います。 オンラインで完結しているビジネスや、セミナー集客などの場合でも、できれば個別にアポイントを取るなりしてインタビューの機会を作れると良いと思います。 お客様へのインタビュー 7つのポイント では、具体的にどうやってお客さんにインタビューをすればいいのか? これまで私が実践してきたお客様へのインタビューで培ったノウハウを、7つのポイントにまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。 1. お客さんが「一番感謝しているタイミング」でインタビューする 鉾立榮一朗事務所では、依頼された案件が終了して、成果物等をお客様に納品するタイミングでインタビューを実施しています。(面談でのインタビューが叶わないときは、電話でインタビューをしています) インタビューを後日に先送りしてしまうと、お客さんにわざわざ時間をとってもらうことになってしまいますし(逆もまた然り)、何よりもお客さんの感動や記憶が鮮明なうちに実感の伴った「声」が欲しいですよね。 商品購入の直後 サービス提供の直後 納品・引渡しの直後 利用・体験の直後
「お客様の声」 5つの活用方法 | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 前回の記事、「お客様の声」の集め方―「インタビュー」7つのポイントでは、 「お客様の声」はインタビュー形式で集めるのがベストだと私が考えているということ、そして具体的にどうやってお客さんにインタビューをすればいいのか?という点について7つのポイントにまとめてお伝えしました。 最後に3回目として、「お客様の声」の具体的な活用方法についてお伝えしようと思います。 独立当初は「声」がなかなか集まらず、、 ところで話は前後しますが、、 私の場合、独立前から知識として「お客様の声」がマーケティングに有効だということは頭では理解していましたが、独立当初、「声」がなかなか集まらずに苦労しました。 今だから白状しますが、最初にもらった「声」は、前職の企業再生コンサルティング会社勤務時代にお世話になっていた信用金庫の職員様からいただいたもの。 前職時代にご紹介いただいた案件についての回想インタビューでした(汗)。 ■「専門家や実務家をコーディネートして、トータルで問題処理にあたってくれました」 (渋谷区 信用金庫職員様) ■「身近な法律相談、税務相談に対応してくれて助かりました」 (大田区 信用金庫職員様) ■「顧客相談対応の引き出し・ツールが増えました」 (世田谷区 信用金庫職員様) 鉾立榮一朗事務所 「お客様の声 地域金融機関の職員様」より 前職時代のお客様の案件についての「声」ですから、当然ながら、具体的な内容までは書くことができず、、 あとは、独立直後の時間があるときに集中して制作した遺言作成ガイドブックを取引先に配って、読んだ感想を聞いて回ったり、、 いやー 懐かしいです(笑)。 そうこうしながらこれまでコツコツと「声」を集めてきたわけですが、何のために集めてきたかというと、もちろんマーケティングに活用するため。 ということで、「お客様の声」の具体的な活用方法を次の5つにまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。 お客様の声 5つの活用方法 1.ホームページ 一番活用しやすいのは自社ホームページでしょう。 鉾立榮一朗事務所では、 お客様の声ページ ランディングページ(例:「会社・法人設立手続きの流れ・手順・ポイント」) 申込みページ(「無料個別相談」)

 

3.ネタの自動仕入れルートを持っておく

この発想はとても大事だと思います。

「お客様の声」なら、アンケート用紙をあらかじめ作って準備しておいて、普段から意識して集める仕組みを作っておくとか。

他にも例えば、

・新聞
・業界紙や機関紙
・メルマガ(日経ビジネスオンラインダイヤモンド・オンラインは良質な記事が多くオススメです)
・ポッドキャスト
・SNS

などを定期購読したり登録したりして、情報が自動的に集まる仕組みを作っておくといいと思います。

移動時間に手軽にビジネスに役立つ情報を入手する方法 | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 「お客様の声」や「書く技術」など、しばらく情報のアウトプットに関する記事が続いたので、今回は情報のインプットに関する記事を書こうと思います。 日々の「ランニング」に「健康」だけでなく別の意味合いを持たせる 以前友人に、ランニングを継続しているという話をしたとき、「よく飽きずに走れるよなー」と言われました。 そりゃあただ走るだけなら私もそんなにストイックじゃないから続きませんよ。 やはり飽きないようにするための工夫は大事。 私の場合、一人で走るときは必ずスマホでポッドキャスト(ネットでダウンロードできる音声番組)やオーディオブック(書籍を朗読したものを録音した音声コンテンツ)を聞いています。 ポッドキャストとは「インターネット上で更新されるサウンドデータ(音源)を簡単にダウンロードできて、iPodのようなデジタル携帯プレイヤーに素早く取り込むことができる仕組み」と言えます。(中略) 現在、個人や企業から配信されているポッドキャスト番組は、音楽、音声ブログ、ニュース、天気予報、英語のレッスンから各種情報まで様々です。 【今更聞けない】ポッドキャストってなに? 走ることの一番の目的は「健康維持」なわけですが、同時に、ランニングを「情報のインプットとビジネスアイデアを発想する時間」と捉えています。(たまには好きな音楽を聞きながら走るのもいいけどね) ほかにも、車の運転時間や、電車の乗り継ぎで歩くときなど、「ながら時間」に聞ける音声コンテンツは、今や私にとって欠かせないものとなっています。 個人的に重宝しているビジネス系ポッドキャスト15選 いい機会なので、今日は数ある音声コンテンツの中でも私が個人的に重宝しているビジネス系ポッドキャスト(ほとんどの番組が無料)をご紹介しようと思います。 (注) 以下は2016.6.1現在の情報です。ポッドキャスト番組の終了、タイトルの変更など、この情報は陳腐化する可能性があります。 1 伊藤洋一のRound Up World Now! By ラジオNIKKEI

 

4.ワンポイントレッスン

ゴルフに関心がある人なら、誰もがプロからワンポイントレッスンを受けたいと思うことでしょう。(私はゴルフはやりませんが、、)

ビジネスをやっている以上、あなたはお客さんにとってその商品・サービスに関するプロフェッショナルであるはずです。

例えば、

・商品の間違いのない選び方
・商品の正しい使い方
・商品が長持ちするメンテナンスの仕方 etc.

あなたなら、お客さんにどんなワンポイントレッスンをする?

 

5.Q&A

ビジネスをしていると、お客さんから商品・サービスに関する質問をよく受けるもの。

あるお客さんから聞かれたことは、他のお客さんも聞きたいことである可能性が高いでしょう。

よくある質問とその回答(Q&A)を普段から意識してストックしておくと、そのままニュースレターのネタとして活用することができます。

 

6.自分の中で生まれた気づき

私の場合、ふとしたときに「これってこういうことだよなあ」と気づきがあったり、自分の中であるとき突然名言(!)が生まれたりすることがあります。

そんなときは忘れないうちにすぐにメモを取ります。(後で意図を思い出せるように、エピソード(体験談など)とセットでメモを取るようにしています)

私が発行しているニュースレターやブログのネタは、結構このメモから生まれています。

 

7.最近人と話したこと、メールのやり取りをしたこと

人と話すということは、多くの場合、何らかのテーマがあって、それについて自分の考えを相手に伝えたり、相手の言葉から何らかの影響を受けたりするもの。

私の場合、結構クライアントさんや奥さんとの会話から出てきたテーマややり取りがこのブログのネタになっています。(近いうちに、夫婦で実践しているあるダイエット方法をテーマにしたブログ記事を書こうと思います)

 

8.シリーズものにする

伝えたいことのボリュームが多い場合は、①②や【前編】【後編】など、ニュースレターの記事を何回かに分けてシリーズものにする、というアイデアが使えます。

これで次号のニュースレターのネタも安泰。

ちなみに今回のブログ記事も【前編】と【後編】に分けてますw

 

9.レポート

例えば、

・イベントレポート
・旅の報告
・気になる商品・サービスを買って使ってみた感想

などのレポート記事は、そのままニュースレターのネタになります。

1か月に1回ぐらいはなんだかんだ新しい体験をしていたりするもの。

そう考えると、何でもネタになる気がしてこない??

研修講師レポート:自社のホームページを 自動集客マシーンにする方法 | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 先週12/8(木)、弊社のパートナー税理士事務所、木島税務会計事務所様主催の研修会で研修講師をしてきました。 今回の研修会は2部制で、第2部が、 木島税務会計事務所・所長税理士 木島裕子先生が講師で、 「ハッピーリタイアメント」 ~いざという時にあわてない事業承継 承継される側もする側も~ というテーマ。 私は第1部担当で、 「自社のホームページを自動集客マシーンにする方法」~今すぐ改善できる5つのチェックポイント~ というテーマでお話してきました。 木島税務会計事務所さんとは、私の前職の企業再生コンサルティング会社時代からのお付き合いなので、かれこれもう10年ぐらいのお付き合いになります。 実は5年前の木島税務会計事務所さんの研修会でも私が講師を務めたことがあったのですが、そのときは、 「間違いのない遺言書の書き方 5つのチェックポイント」 というテーマ。 まさか5年後にホームページをテーマにお話しすることになるとは思いもしませんでした、、 当日のトピックをご紹介 当日は、次のトピックについてお話をさせていただきました。 1.自己紹介 ◎「行政書士 鉾立榮一朗事務所」のビジネスモデルについて ・ホームページ集客に取り組むきっかけとなった独立起業時の大ピンチ ・開業1~2年目の集客ルート ・開業8年目の現在の集客ルート ◎GoogleまたはYahoo!で「公正証書遺言 作成」、「親族間 売買」と検索すると? ・既存クライアントやパートナー専門家のホームページの立ち上げ・リニューアルのプロデュース・制作をスタート 2.本日の研修会の「視点」と「目的」について ◎貴社・あなたがホームページを持つ理由、目的は何ですか? ・企業ホームページ 2つの類型・・・「会社案内型ホームページ」「戦略型ホームページ」 3.自社のホームページを自動集客マシーンにするために、今すぐ改善できる5つのチェックポイント ①「事業コンセプト」は伝わっているか? ・世界観・・・理念、ミッション、ビジョン、行動指針 ・プロフィール・・・肩書・ネーミング、象徴的なエピソード、独自性、強み、証拠、ビジュアル ・特長・強み ➾ ベネフィット(見込み客にとっての利益、役に立つこと)に変換する
神社参拝とSMARTの法則 | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 先週末、関西方面(大阪~兵庫~京都)へ小旅行に行ってきました。 旅の報告と、旅の途中に訪れた京都の神社で、あなたの役に立つかもしれない気づきがあったので今回の記事でシェアしようと思います。 その前に、少しエピソード的な話を 今回の旅の目的は、結婚報告のための両家のお墓参りでした。 両家とも、偶然お墓が関西方面だったので、週末を利用すれば土日に分けて両方のお墓に行けるね、ということで小旅行を計画。 土曜日にまず奥さんの家のお墓にお参りし、京都で一泊、日曜日に鉾立家のお墓にお参りして、両家のご先祖様に結婚を報告してきました。 ちなみに今回の旅で一番長く滞在したのは京都でした。 いやー京都はパワフルな場所ですね。 神社仏閣をはじめとするシンボル的な建築物が数多くあり、街並み景観に統一感があって、小路を入れば個性的な店が軒を並べていたりして。 多くの観光客を惹きつけている理由が今回の旅で分かったような気がしました。 目標設定の指標となるSMARTの法則(スマートの法則)とは? 京都では、伏見稲荷大社と野宮神社に参拝に行ってきました。 伏見稲荷大社 1300年にわたって、人々の信仰を集め続ける「お稲荷さん」の総本宮。ご利益は、商売繁盛・五穀豊穣、安産、万病平癒、学業成就など。(ちなみに、外国人に人気の観光スポットランキングで日本国内三年連続一位だそうです) 野宮神社 良縁、子宝、学問の神様。源氏物語の宮。皇太子徳仁親王殿下、秋篠宮・同妃殿下が参拝され、お子を授かったことで有名。 子供の頃、神社にお参り行くということは、神様に「願いを叶えてください」とお願いをしに行くことだと思っていました。 でも、いろいろな方の話を聞くと、どうやらそうではないらしいんですよね。 参拝は、神様の前で自ら誓いを立てて、それを見守ってください、というスタンスでお祈りするものであって、自分にコミットすることが大事なのだとか。(神様も、皆の願いを叶えているほど暇じゃない?!) そんな話を知って以来、神社参拝の際は、まず叶った目標について神様に感謝し、次に新たな自分の目標を宣言する、とういう風にお祈りをするようになりました。

 

以上、ここまでざっと9つのアイデアをお伝えしました。

続きは来週、自社ニュースレターのコンテンツネタに困らないためのアイデア18【後編】でお伝えしますね。

 

 

追伸1

「これなら出来そう!」と自社でニュースレターの発行を検討しようと考えている方はこちら

https://hokodate-eiichilaw.com/business/newsletter/

 

追伸2

また、あなたのビジネスに役立つ情報をお届けしますね。

チャレンジする起業家・経営者向けに、
代表・鉾立のフィルターを通した
「起業・経営の原理原則」情報
を毎週お届けするメールマガジン、
【リバイバル通信】。
※バックナンバー

毎週、確実に記事を受け取りたい方
にオススメです。

  • 起業家・経営者向け
    「有益ビジネス情報」
    受け取ることができます。
  • 起業・経営の
    「普遍的な原理原則」
    を学ぶことができます。
  • 気に入らなければ、
    いつでも簡単に登録を
    解除することができます。


●登録後すぐに、「起業」、
「事業コンセプトの再定義」、
「新規事業立ち上げ」の際に役立つ
『あなたの核になる事業は?【PAM理論】™』
特製ワークシート(PDFファイル5ページ)が届きます。


▼ご登録(無料)は今すぐこちらから▼

 

 

Pocket

The following two tabs change content below.
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と猫(キジトラ)一匹。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。