自社のビジネスのライバル(競合)の見つけ方

Pocket

 

こんにちは、鉾立です。

前回の記事では、「ビジネスにはライバル(競合)がいた方がいい」ということ。
そしてその理由として、

  1. 自分のビジネスを磨くことができる
  2. お客さんの利益につながる
  3. マーケットの裾野が広がる

という話を書きました。

ビジネスにライバル(競合)がいた方がいい理由

今回は、具体的に、自社のビジネスのライバル(競合)の見つけ方について書こうと思います。

 

1. お客さんに教えてもらう

あなたにとってのライバル(競合)は、どこの会社?店?事務所?になるでしょうか?

肌感覚としては、「うちのライバルは、同業者のあの会社」と考えるかもしれません。

でも、本当の意味でのライバル(競合)は、「お客さんにとっての選択肢」のはずです。

例えば、私にとっての今日のランチの選択肢は、

「Aパン店か、Bパン店」ではなく、
「Aパン店か、居酒屋Bのテイクアウトランチ」です。

つまり、本当の意味でのライバル(競合)は、お客さんに教えてもらわないと分からない、ということです。

では、あなたはお客さんにどうやって「選択肢」を教えてもらう?

まず、お客さんと直接話せるのであれば、

「うちに来る前に、どこと迷いましたか?」

と端的に聞いてみると良いでしょう。

直接話して教えてもらうのが難しいのであれば、記入式のアンケートで、同様の趣旨の設問を用意すると良いと思います。

なお、アンケートは、メールでもOKですが、ネット上で行うなら、無料で使えるGoogleフォームがお勧めです。

 

2. ネットで調べる

ライバル(競合)はネットでも調べることができます。

まず、自社の独自ドメインのWebサイトを持っている場合は、Googleが無料で提供しているサービス、サーチコンソールを使って、自社サイトに流入している検索キーワードを調べます。

そして、クリック数の多い検索キーワードで実際にGoogle検索したとき、検索結果画面の上位に出てくるサイト(広告も含む)がライバル(競合)と考えられます。

簡単に調べられますよね。

ただし、最近はGoogleの検索アルゴリズムが頻繁に改良されていて、短期間で検索結果の順位が大きく変わることがあります。

なので、面倒くさがらずに定期的にチェックすることをお勧めします。

また、ヤフー知恵袋教えて!gooなどのQ&Aコミュニティでも、キーワードを検索すると、相談者の悩みに対する回答の中にライバル(競合)に関する情報が見つかることがあります。

加えて、TwitterInstagramなどのSNSでも、キーワード検索したり、ハッシュタグ機能を利用したりすると、ライバル(競合)についてのヒントが見つかるでしょう。

 

さて、ライバル(競合)が見えてきたところで、自社の打つ手を検討するフェーズに入ります。

次回は、

  • ライバル(競合)のどこをチェックすればいいのか?
  • 自社のビジネスを磨く際のポイント

について書こうと思います。

 

追伸

また、あなたのビジネスに役立つ情報をお届けしますね。

毎週、確実に記事を受け取りたい方におススメです。


プレゼントを受け取って、Webマガジンに登録する

 

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.
鉾立 栄一朗
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント。 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。