体のメンテナンスは大丈夫?無理なく始められて継続できる、お勧めアイデア3つ

Pocket

 

40代も半ばを過ぎると、友人との会話で必ず話題に上がるのが健康の話

私も40代になってからは、

・風邪が長引いてなかなか治らない
・寝違えてよく首が痛くなる
・冬場の手荒れ、かかとの割れ

など、老いを実感するようになりました。

加えて、息子が生まれてからは、睡眠不足で一時はコンディションがボロボロに。

今年の春頃に息子の夜泣きがようやくおさまってきて、まとまった睡眠時間を確保できるようになってから、「このままではマズイ。。」と体のメンテナンスに着手することにしました。

と言っても、以前のように、いきなり朝のランニングを開始するのは正直キツイ。。

「無理なく始められること」、そして、「無理なく継続できること」を意識して始めたのが、次の3つの運動です。

 

アイデア1 横になったらストレッチ

ストレッチは、無理なく始められる運動としては最適ですね。

私の場合、

・寝る直前にストレッチ
・起床と同時にストレッチ
・休憩時間にストレッチ

と、体を横にする行動とセットでストレッチを行うようにしています。

ストレッチを始めたのは、実は息子の抱っこが原因と思われる腰痛がきっかけでした。

一時は「椎間板ヘルニアの一歩手前」と診断され、形成外科に通うほど悪化したのですが、こちらの書籍を参考にストレッチを始めてからすっかり良くなってしまいました。

Amazonリンク NHKガッテン! 腰痛をラクに改善する!科学の特効ワザ

ストレッチと言ってもそんなに凝ったものではなく、基本は3ポーズで、かかる時間も3分ほどです。

 

アイデア2 毎日筋トレ(ただし、短時間で少ない回数)

よく健康本を読むと、「筋トレをする頻度は、筋肉が回復する時間が必要なため、毎日ではなく、週2~3回が良い」といったことが書かれています。

でも、それは大きな負荷をかける本格的な筋トレが前提ですし、間隔が空いてしまうと、継続するのがおっくうになってしまうんですよね。
(パーソナルトレーニングジムに通うなど、強制力を利用すればいいのでしょうが)

そこで私は、

・起床と同時に筋トレ
・休憩時間に筋トレ

というように、決めたタイミングで毎日筋トレを行うようにしています。

筋トレと言っても、本当に簡単なもので、YouTubeで見た「みんなで筋肉体操」を参考に、

・腕立て伏せ10回
・腹筋10回
・スクワット10回

をやっているだけです。

でも、短時間で少ない回数であっても、正しい姿勢でゆっくりやると、いい感じに負荷がかかるので筋トレの効果を感じています。

 

アイデア3 1駅歩く高速ウォーキング

朝のランニングはハードルが高いが、有酸素運動を毎日継続的に行いたい。

そこで始めたのが、通勤時に1駅歩く高速ウォーキングです。

自宅の最寄り駅はJR中野駅なのですが、事務所がある西荻窪駅に通うのに、今は1駅先の高円寺駅を利用しています。

駅まで歩く時間は、片道7分だったのが15分ほどに。
往復だと、毎日30分は歩いている計算になります。

加えて、駅ではエスカレーターを使わず、階段を利用
最近は、一段飛ばしで上がっても息が切れなくなりました。

iPhoneアプリの「ヘルスケア」をチェックすると、高速ウォーキングを始める前はだいたい1日6500歩ほどでしたが、最近はだいたい1日平均7500歩ほどになりました。

こうなってくると、やはりスニーカーが楽ですね。

今は、革靴を履く機会がぐっと減り、基本、平日もスニーカー3足で回しています。
(TPOは考えますが)

 

そういえば、学生時代に「夜遊びの達人」のような先輩がいたのですが、当時、周りのほとんどの友人がタバコを吸っていたのに、なぜかその先輩はタバコを吸っていませんでした。

その先輩に、「なぜ吸わないのですか?」と聞いたら、「だって、健康で体の調子が良い方が、遊んでいて楽しいじゃん」とのこと。

このブログを書いていたら、そんな話を思い出しました。

健康で体の調子が良い方が、そりゃ仕事のパフォーマンスも上がりますよね。

 

追伸

また、あなたの健康に役立ちそうな情報があったら紹介しますね。

毎週、確実に記事を受け取りたい方におススメです。

プレゼントを受け取って、Webマガジンに登録する

 

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント。 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。