【Web会議に】iPadの手書きデジタルメモをリアルタイムでPC画面に同期させる方法

Pocket

 

ZoomやSkypeなどを利用したWeb会議やオンライン面談で、手書きのデジタルメモを参加者同士で共有できると便利です。

今回は、iPadPCを使って、手書きのデジタルメモをリアルタイムで同期する方法をシェアしようと思います。

 

1. 私の仕事環境について

まず簡単に、私の仕事環境を紹介しますね。

主に使用しているデバイスは、

  • ノートPCVAIO SX14
  • iPad Air(第4世代)
  • Applepencil(第2世代)

になります。

 

 

OSはWindows 10、オンラインストレージサービスは、MicrosoftのOneDriveを利用。

仕事上、月に複数回、ZoomやSkypeなどを利用したオンライン面談を実施しています。

ちなみに、事務所で(リアル)面談を行う際は、お客さんと情報を共有するツールとして、よくホワイトボードを活用しています。

で、オンライン面談の際も、ホワイトボード的なツールがあると便利なんだけどなあ、と思っていたんですよね。

 

2. iPadとPCを使って、手書きのデジタルメモをリアルタイムで同期する方法

色々試して落ち着いたのが、MicrosoftのOneNoteというアプリを使って手書きのデジタルメモをiPadとPC間で同期する方法です。

 

 

まず、iPadとPCでそれぞれ、同一アカウントでOneNoteアプリを立ち上げます。

これで、iPadとPCのOneNoteがクラウド上で同期されます。

iPadで新規のページを作って、「描画」タブをタップすると、Applepencilなどのスタイラスペンで手書きが可能になります(指で書いてもOK)。

 

 

 

すると、PC上のOneNoteにも、ほぼリアルタイムで手書きのデジタルメモが同期されます。

 

 

この状態で、ZoomやSkypeなどの画面共有機能を使えば、画面の向こうの参加者とリアルタイムで手書きのデジタルメモを共有することができます。

さらに、iPad上のOneNoteの「挿入」タブをタップしてカメラを選択すれば、iPadのカメラアプリで撮影した画像をPC上のOneNoteに同期することもできます。

 

Web会議やオンライン面談で、

  • 手書きの全体図などを共有したい
  • その場で計算式を共有したい
  • その場で写真を撮って画像を共有したい

ときなど、図やメモ書き、画像などを用いて参加者と情報を共有したいときにとても便利です。

ぜひ試してみてください。

 

※参考記事
iPad Air(4世代)の活用シチュエーションとおすすめアクセサリー

 

追伸

また、あなたのビジネスに役立ちそうなツールがあったらご紹介しますね。

毎週、確実に記事を受け取りたい方におススメです。

プレゼントを受け取って、Webマガジンに登録する

 

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント。 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。