Pocket

 

新年明けましておめでとうございます。鉾立です。

本年もどうぞよろしくお願いします。

さて、今年一発目の【リバイバル通信】

書き初めのテーマは、恒例の

個人的、昨年(2018年)のトピックと今年(2019年)のチャレンジについて。

ご笑覧いただければ幸いです。

 

★昨年(2018年)のトピック

●スモールビジネス・オーナー向けビジネス勉強会〔飲みスタディ!〕™ スタート

これまで私は、個人的に様々な経営者向けのビジネス勉強会に参加してきました。

例えば、、

・中小企業家同友会主催の勉強会
・商工会議所主催の勉強会
・取引先信用金庫主催の勉強会
・ビジネス系出版社主催の勉強会
・ビジネス系セミナー会社主催の勉強会

などなど。

いくつかの勉強会では、意気投合した参加者とその後も継続的に情報交換をさせていただいたり、実際に一緒にビジネスをさせていただいたりしています。

でも、、

せっかく参加者同士で懇親会などで盛り上がっても、その後は単発的、個別的なお付き合いで終わってしまったり、継続的な講座形式の勉強会でも、講座が終了してしまえば主催者が音頭を取らないと参加者同士の関係性が自然に消滅してしまったり、、

-------------------
せっかく経営者仲間ができたのに、

“コミュニティ”として存続しない。
-------------------

同じ時間を共有して、一緒にビジネスの勉強をしたのに、その後の成果をフィードバックし合う機会がない、同じような課題や悩みを持っていても相談できる場がない、というのが、なんだかもったいないな~と思っていたんですよね。

ならば、自分でできることをやってみようと。

そう考えて、スモールビジネス・オーナー向けのビジネス勉強会、〔飲みスタディ!〕を始めることにしました。

〔飲みスタディ!〕™

これまでの開催テーマは、

Vol.1「収益モデルのつくり方」(2018年6月13日(水)開催)
Vol.2「顧客との絆づくり」(2018年7月11日(水)開催)
Vol.3「自社の情報発信力を身につける」(2018年8月8日(水)開催)
Vol.4 「10年ビジネスが続く、事業コンセプトの作り方」(2018年9月6日(木)開催)
Vol.5 「残り2ヶ月で売上・利益を上げる、即効性のある販促アイデア」(2018年11月8日(木)開催)

で、昨年は5回開催しました。

今年は3月から、隔月で開催する予定です。

詳細が決まりましたらWEBマガジン【リバイバル通信】(週1回配信)の方で先行案内しますので、ご関心がありましたらぜひご登録ください!

こちらから簡単に登録できます。

 

●自宅引越し(高円寺南へ)

自宅マンションを購入するために、昨年の5月頃から毎日スマホアプリのSUUMO、アットホーム、HOME’Sで新着物件情報をチェックしていて、結構な数の物件を内覧してきたのですが、昨年10月、ようやく納得のいく物件に巡り合い、売買契約を済ませました。

44歳にして、35年の住宅ローンを組むことになりましたよ(汗)。

そして12月の三連休、新居への引越しが無事終わりました。

新しい自宅の最寄り駅はJR中野駅になります。

事務所はそのまま西荻窪なので、サラリーマン時代以来、約10年ぶりに電車通勤になりましたよ。

世の中からビジネスが無くならない理由 | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 自宅マンションを購入するために、5月頃から毎日スマホアプリのSUUMO、アットホーム、HOME’Sで新着物件情報をチェックしていて、これまで結構な数の物件を内覧してきたのですが、先日、ようやく納得のいく物件に巡り合い、売買契約を済ませました。 44歳にして、35年の住宅ローンを組むことになりましたよ(汗)。 いざ物件を決めてからは、調べることのオンパレード 例えば、住宅ローンについて。 普段、財産コンサルティングの仕事でお客さんの融資申し込みをサポートしているわけですが、いざ自分のことになると、次から次へと疑問点や不明点が出てきます。 ・金利は「変動」と「固定」、どっちを選ぶべき? ・どこの銀行で借りる? ・借り入れ形態はペアローン?それとも連帯債務? ・住宅ローン控除を最大限活かすための最適な自己資金と借り入れ額のバランスは? ・団体信用生命保険と民間の生命保険、お得なのはどっち? などなど。 世の中からビジネスが無くならない理由 疑問点や不明点が出てくると、その都度ネットで下調べして、不動産仲介の担当者さんやファイナンシャルプランナーさん、銀行の担当者さんに相談して方針を決めていきました。 そんなこんなでようやくローンの審査承認までたどり着いたわけですが、つくづく思ったのは、人の悩みというのは次から次へと尽きることがないなあ、ということ。 そして人は、お金を払ってでも悩みを解決したいと思うのだと、改めて感じましたよ。 ビジネスの本質は、お客さんの問題の解決です。 人の悩みにフォーカスして商品・サービスを提供していれば、ビジネスというのは決して無くなることはないのでしょうね。 ちなみに今回のマンション購入では、 ・不動産仲介業者への仲介手数料 ・金融機関の事務手数料 を支払うことで、疑問点や不明点を解消しました。 あなたのビジネスでは、お客さんのどんな悩みを解決している? 今は世の中の流れが本当に速い時代です。 最近、80歳手前の私の父がスマホを手にしてLINEの操作に手こずっているように、人の悩みも時代とともに変化しているのだと思います。(悩みの本質的な部分は変わらないのでしょうが。) 変化しているお客さんの悩みに、自社のビジネスが受け皿となり続けているか。

 

●料理教室卒業(1年間コース)

我が家はフルタイムの共働き夫婦。

家事は分担して行っていますが、料理だけは、私が炊飯器に米をセットすることぐらいしかできない料理ダメ男で、ほとんど戦力になれずに歯痒い思いをしていました。

そこで一念発起して、私が料理教室に通うことを奥さんに宣言。

一昨年の11月から近場の料理教室に通い始めたのですが、昨年の11月、1年間の入門コースを無事卒業しました。

お陰で、今では、みそ汁の出し取りはもちろんのこと、ガパオライス、デミグラスハンバーグなんかも作れるようになりましたよ。

料理ダメ男が1年間料理教室に通った結果 | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 我が家はフルタイムの共働き夫婦。 家事は分担して行っていますが、料理だけは、私が炊飯器に米をセットすることぐらいしかできない料理ダメ男で、ほとんど戦力になれずに歯痒い思いをしていました。 そこで昨年、一念発起して、私が料理教室に通うことを奥さんに宣言。 昨年11月から近場の料理教室に通い始めたのですが、先日、1年間の入門コースを無事卒業しました。 料理ダメ男が料理教室で学んだ、仕事に通じる3つのこと お陰で、今では、みそ汁の出し取りはもちろんのこと、ガパオライス、デミグラスハンバーグなんかも作れるようになりましたよ。 なぜ、料理ダメ男が美味しい(それもかなり美味しい!)料理を作れるようになったのか? それは、レシピ通りに忠実に作っているから。 やはり初心者は、感覚に頼ったり、無理にオリジナリティを発揮しないで、レシピ通りに作ることが大事。 レシピに書いてある通りの順番に従い、材料や調味料を量り、火の強弱に気をつけて時間を計れば、大概失敗はしません。 これはマーケティングにおいても同じこと。ただし、、 自社の集客用の広告やWebページなどを作るときは、成果を上げている他社の広告やWebページのコピーやデザインをレシピのように使うと、早く作れますし、実際に集客の精度が上がります。 ただし、料理のレシピと違うのは、集客用の広告やWebページなどの場合は、あくまでも優れたコピーやデザインの「アイデアを拝借」するのであって、安易なパクリは絶対にダメ。 今はSNSの時代です。 バレたとき、あっという間に信用を失ったり、ブランド価値を下げることになりかねません。 過去に私もこんな経験をしました。(私がパクられた方です。) おススメは、異業種、異業界の優れたコピーやデザインを学び、真似ること。 これを、「まねぶ」といいます。 普段から、思わず自分が行動してしまったり、「コレは!」と思った ・広告 ・Webページ ・チラシ ・DM などは、マーケティング・レシピとして保管しておくと良いでしょう。 私の場合は、例えば、 ・新聞で繰り返し使われている広告(効果があるから繰り返し使われている)

 

その他にも、

・地方案件の仕事で、石巻、京都、沖縄に出張

・「遺言ミニセミナー」コンテンツ配信スタート(本年より「財産承継ミニセミナー」に改称)

・集客コピーライター&マーケティングプランナー事業立ち上げ

・事業パートナーと新規事業を立ち上げ(集客コピーライティング、メルマガ配信、Webサイト制作を担当)

といった出来事がありました。

そして今年は、次のことにチャレンジしようと思います。

 

★今年(2019年)のチャレンジ

●既存事業の磨き上げ

前回の記事、「人生12年周期の法則」でも触れましたが、今年の私の季節は、「秋の3年目」「収穫の秋」の最後の年に入ります。

「何か新しいことをゼロから始める」のはぐっと我慢して、これまでの12年間で形になった事業、育ててきた事業を磨き上げて、収穫する。

そんな1年にしようと思います。

 

●新たな事業の種まき

また別の角度から言えば、来年は、これまでの12年間を振り返り、来たる冬(新たなスタート)に向けて備える年とも言えます。

まだまだ自分自身成長していきたいですし、ビジネスを通じて面白いことをやってみたい。

この12年間の延長線上にある新たな展開について、世の中の流れを感じつつ、じっくり構想を練ろうと思います。

 

●料理のレパートリーを増やす

せっかく身に着けた料理の基本。

これからも様々な料理にチャレンジしてレパートリーを増やしていこうと思います。

 

ところで、、

あなたは昨年、どんな出来事があった?

そして、今年はどんなことにチャレンジする?

 

追伸

今年もまた、あなたのビジネスに役立つ情報をお届けしますね。

毎週、確実に記事を受け取りたい方におススメです。

プレゼントを受け取って、Webマガジンに登録する

 

Pocket

The following two tabs change content below.
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。