独立開業10周年を迎えました

Pocket

 

こんにちは、鉾立です。

去る10月19日、息子が誕生して3ヶ月が経ちました。

順調に育っていて、体重は生まれたときの2倍に。

感情表現も豊かになり、その成長ぶりに毎日驚いています。

そんな毎日を過ごしていたら、すっかり忘れていました。

そう、10月19日が、私の独立開業10周年の記念日だったことを!

 

この10年間を振り返ってみると

2009年の10月19日、税務署に個人事業主として開業届を出しました。

 

 

10年後、今このように仕事をしていることを当時は想像もつきませんでした。

鉾立榮一朗事務所Webサイトの事務所案内ページに掲載している<経歴・実績>を引用しながら、簡単にこの10年を振り返ってみようと思います。

 

<経歴・実績>

(中略)

2009
地域密着の身近な法律手続アドバイザーとして、行政書士 ほこだて法務事務所を開設

当初、屋号は、「『鉾立』の文字がパッと見読めない?」という指摘をある方から受けて、「ほこだて法務事務所」とひらがなで屋号を付けました。

このときは、ある事情から、集客ルートとして当てにしていた前職の企業再生コンサルティング会社勤務時代の提携先だった金融機関と関係が切れてしまい、一から集客ルートを構築すべく必死になっていた時期でした。

ある経営者からは、「よくそんな状況で、しかもリーマンショックがあった年に独立したね」と言われたものです。

 

2010
これまでに培ってきた知識と経験が地域の人々のお役に立てばと思い、毎月第1土曜日に『無料個別相談』をスタート

毎月ニュースレターを作成し、地元の金融機関を一店一店回って配りながら少しずつ信頼関係を構築していったところ、月に1~2件の案件紹介がポツリポツリと入るようになりました。

また、空いている時間は事務所のWebサイトの作成に没頭していました。

サイト上で見込み客に役立つ情報を紹介し、詳しく話を聞きたい人には『無料個別相談』を利用していただく。

そんな、集客ルートを構築したところ、Webサイト経由でのお客さんも少しずつ増えていきました。

 

2011
・行政書士 鉾立榮一朗事務所に事務所名を変更
経営アドバイザリー事業 (「Change&Revival」) 開始(中小企業の経営改善、新規事業立ち上げのサポート)

屋号を、「ほこだて法務事務所」から「鉾立榮一朗事務所」に変更したのは、単純にその方がかっこいいと思ったからです(笑)。

デザイナーさんに入ってもらって、ロゴ+ゴロタイプのデザインを一新し、Webサイトもリニューアルしました。

また、鉾立榮一朗事務所の集客基盤が安定してきたことから、企業再生コンサルティング会社勤務時代からの念願であった「クライアント企業の財務の改善と収益の改善を同時にサポートする」ことを実現すべく、経営アドバイザリー事業(「Change&Revival」)をスタート。

個別業務で信頼関係を結んだクライアントさんと顧問契約を結び、経営アドバイスを行うようになりました。

 

2012
・事務所移転(上井草)
クライアントサポート体制の拡充のため、中小企業・個人経営者向け経営・起業アドバイザリー事業、及び、財産承継コンサルティング事業を行う受け皿として Change&Revival 株式会社 を設立し、代表取締役に就任。

事務所を自宅の一室から賃貸物件(自宅から徒歩1分)に移転。

同時に、不動産の譲渡手続きのサポートを伴う財産承継コンサルティングを行う受け皿として、Change&Revivalを法人化し、宅建免許を取得しました。

経理的には、会社役員として役員報酬を受け取るように設計しました。

 

2014
許認可部門の人員を増強

行政書士マターである許認可業務を安心して任せられる地元行政書士の先輩と合流。

パートナーアソシエイトとして、今では無くてはならない存在となっていただいています。

 

2015
チャレンジする専門家・実務家向けメールマガジン【サポート通信オンライン】配信スタート

紙媒体のニュースレター『顧客相談サポート通信』のオンライン版として、メールマガジン【サポート通信オンライン】の配信をスタート。

行政書士業務というのは、どうしても単発のスポット的な仕事が多くなります。

一度お客さんをご紹介いただいた取引先との関係性をつなげるツールとして、メールマガジンのシステムを導入しました。

 

2016
チャレンジする経営者・起業家向けメールマガジン【リバイバル通信】配信スタート

経営・起業アドバイザー「Change&Revival」ブランドのメールマガジン【リバイバル通信】の配信をスタート。

ブログ自体は2015年12月からスタートしていましたが、週1回の更新が習慣化できてきたので、メルマガとしての配信に踏み切りました。(メルマガの登録はこちらから

お陰で、今も休むことなく続けられています(笑)。

 

2017
事務所移転(西荻窪)

事務所を西荻窪に移転しました。

神奈川・千葉・埼玉など、遠方からのお客様もわざわざ上井草(駅徒歩6分)にご相談にいらしていただいていたのですが、移転の直接のきっかけとなったのは、足の悪い年配のお客様からの「あなた、もっと行きやすい場所に事務所を構えなさいよ」と言われたことでした。

今の事務所は西荻窪駅北口から直進して徒歩2分。

お客様の利便性が大きく向上しました。

 

2018
Webコラム【財産承継ミニセミナー】(旧【遺言ミニセミナー】)執筆スタート

これまで鉾立榮一朗事務所のお客様からいただいた質問にQ&A形式で答えるWebコラム、【財産承継ミニセミナー】の執筆をスタート。(週1回ペースで新着記事を更新)

またこのコラムは、鉾立榮一朗事務所Webサイトから『遺言作成ガイドブック』をダウンロードしてくださった方向けに、メールマガジン形式でも配信しています。

 

次の10年はどうなる?

さて、鉾立榮一朗事務所とChange&Revival、次の10年はどうなるんでしょうかね。

10年前の私がそうであったように、今の私も正直見当がつきません。

ただ一つ言えるのは、自分の情熱、スキル、そしてお客さんから求められることを、相変わらず突き詰め続けているんだろうなあということ。

10年後、私は55歳。

そして息子は10歳。

そうですね、息子に誇れる仕事をしていたいものです。

 

追伸

また、ビジネスに関する「気づき」や「学び」があったらお伝えしますね。

こちらもぜひ

無料でプレゼント

 

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。