紙ベースの文字をタイピングなしでテキストデータ化するワザ2つ

Pocket

 

こんにちは、鉾立です。

もしあなたが、

・本に書いてある文章をブログに引用したい
・プレゼン資料の作成のため、書籍の内容を引用したい
・セミナー資料を文字起こしして、レポートを作成したい

だけど、パソコンのキーボードで文字をタイピングするのは面倒だなあ、、

と思ったことがあったとしたら、今日の記事は役に立つかもしれません。

 

アナログ方式

私の場合、紙ベースの文字をテキストデータ化するときは、長らくこのELECOMブックスタンドに本や資料などをセットして、パソコンのキーボードでタイピングしていました。

 

 

でも、今日ご紹介するツールを使うようになってからは、このブックスタンドはほとんど使わなくなってしまいました。(書籍を参照しながら仕事をするときは、今でもよくブックスタンドを使っています。)

 

音声入力

最近、紙ベースの文字をテキストデータ化するときに、私がよく使うのはスマホの音声入力です。

iPhone標準のメモアプリを使っています。

 

 

使い方は簡単です。

メモアプリを立ち上げて、右下のマイクをタップ。

 

 

すると、音声入力画面が立ち上がるので、iPhoneに向かって文章を読み上げます。

 

 

文章を読み上げるときのポイントは次の3つ。

1. 滑舌良く読み上げる
2. 句読点なども読み上げる
 ・「。」→「まる」
 ・「、」→「てん」
 ・ 改行 → 「かいぎょう」
3. 入力ミスは気にせず一気に読み上げる

テキスト化したデータは、メールアプリでパソコンに送って、パソコン上で入力ミスを修正しています。

 

 

スキャンアプリ

紙ベースの文字をテキストデータ化するとき、特に文字数が多いときに重宝するのが、スマホのスキャンアプリです。

私はText Scan Proというアプリを使っています。

 

 

こちらも使い方は簡単です。

例えば、このセミナー資料をテキストデータ化したいとします。

 

 

Text Scan Proアプリを立ち上げて、下部中央のカメラマークをタップします。

 

 

資料を画面にセットして、もう一度カメラマークをタップ。

 

 

すると、数秒で画面の中にある文字がテキストデータに変換されます。

続いて下部の送信マークをタップすれば、テキストデータをメールでパソコンに送ることができます。

 

 

と、ここまで書いたところで気づいたのですが、Text Scan Proを使うときも、ブックスタンドがあると、書籍などは写真が撮りやすくなって便利かもしれませんね。

 

私の場合、文字数が少ないときは音声入力文字数が多いときはスキャンアプリと使い分けています。

それにしても、「こうできたらいいのになあ」と思うことが、実はすでに実現されていたりすることが最近多くて驚きます。

これからも、「こんなことはできないのかな?」と問題意識を持って、仕事の生産性を向上させる便利アイテムを見つけていこうと思います。

 

追伸

また、仕事の生産性向上に役立つアイテムが見つかったらご紹介しますね。

毎週、確実に記事を受け取りたい方におススメです。

プレゼントを受け取って、Webマガジンに登録する

 

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。