【仕事術】やる気が何となく出ないとき、どうすればいい?

Pocket

仕事中、やる気が何となく出ないときって、ありませんか?

予定がカツカツに入って忙しいときなどは、アドレナリンが出まくって仕事に集中できるものです。
が、逆に余裕があるときって、何となくダラダラしてしまいがちなんですよね。

そんなときどうしてる?

最近、シンプルでパワフルな「やる気を出す方法」を知ったので、今回シェアしようと思います。

ヒントになったのは、こちらの記事です。

 

“何かを始めようとするとき、「やらなきゃいけない!」と思いながらも、なかなか行動に移せないことがありますよね。今日中に資料をまとめないといけないのにやる気にならない……たまったメールの返信をしなければいけないのに気乗りしない……などです。(中略)

そんなときに役立つのが「5秒ルール」です。「5秒ルール」とは、アメリカテレビ番組の有名司会者で知られるメル・ロビンズ氏が考案した手法です。彼女は、TEDxで行ったプレゼンが大きな話題になったことで知られ、著書は全米100万部のベストセラーになっています。

その方法は極めてシンプル。何か行動しようと思ったときに、すぐさま「5、4、3、2、1」と、(できれば口に出して)カウントダウンして、「0」になるまでに必ず行動を起こす、というだけ。すると、どんどんやる気がみなぎってくるといいます。“

仕事が遅い人が「良いと信じている3大悪習慣」|東洋経済オンライン

 

 

要は、仕事中、やる気が何となく出ないときは、「自分に向かって5秒をカウントダウンすればいい」ということです。
めっちゃシンプルですね。

脳科学的には、この「自分でカウントダウンすること」がトリガーとなり、ドーパミンが脳の行動中枢を刺激して、行動喚起のモチベーションに転換されるとのことです。

で、さっそく自分でも試してみました。

シチュエーションは、ランチの後、事務所で仮眠をとったあと。

いつもだと、仕事のエンジンがかかるまでついついスマホでネットニュースをダラダラ見てしまいます。
特に今はオリンピック関係のニュースがたくさん出ているので、気になっていつまでも見てしまいほんとに危険です。

そこで、この「ダラダラ見」に打ち勝つために「5秒ルール」を発動!

「5、4、3、2、1、ゼロ!」と口に出してカウントダウン。
「うしっ!」と起きて、仕事モードにエンジンをかけ直すことができました。

 

次に試してみたのが、先日2歳になったばかりの息子。
最近は「特急あずさ」に夢中です(笑)。

 

 

俗にいう「イヤイヤ期」に突入し、

「ごはん食べようよ?」
「イヤだ!」

「保育園いくよ~」
「イヤだ!」

「お風呂入るよ!」
「イヤだ!」

と、何をするにもイヤな年ごろのようです。
「父ちゃんイヤだ!」と言われるたびに軽く心が折れますが。

とはいえ、忙しい朝などは、いつまでも彼のイヤイヤに構っているわけにはいきません。

そこで、「5、4、3、2、1、ゼロ!」と「5秒ルール」を発動。
パッと抱っこして別の場所に連れて行くと、息子は何がイヤだったのか一瞬忘れてしまうようです。
(ギャン泣きがどうしても収まらないときもありますが…)

 

仕事中、やる気が何となく出ないとき。

そんなときは、この「5秒ルール」を試してみてください。

さあ5秒前!

4!

3!

2!

1!

ゼロ!

 

追伸

また、あなたの仕事に役立ちそうな情報をお届けしますね。

毎週、確実に記事を受け取りたい方におススメです。

プレゼントを受け取って、Webマガジンに登録する

 

Follow me!

Pocket

The following two tabs change content below.
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント。 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。