Pocket

 

新年明けましておめでとうございます。鉾立です。

本年もどうぞよろしくお願いします。

さて、今年一発目のリバイバル通信

書き初めのテーマは、恒例の

個人的、昨年(2017年)のトピックと今年(2018年)のチャレンジについて。

ご笑覧いただければ幸いです。

 

★昨年(2017年)のトピック

●事務所移転(西荻窪駅徒歩2分)

このブログでも何度も取り上げていますが、昨年一番のトピックと言えば、やはり事務所を西荻窪に移転したことでした。

鉾立榮一朗事務所『無料個別相談』では、原則、面談場所は当事務所、とさせていただいているのですが、初めていらっしゃるお客さんからは、駅からすぐ近くで分かりやすい、とご好評をいただいています。

外出の際も、駅まで徒歩2分で電車に乗れて、新宿までは12分。

自宅から事務所までの通勤は徒歩8分。

近所に美味くて個性的な飲食店が多く、ミーティングからの酒席への移動もスムーズ。

昨年直接やり取りがあった方にはすでにしつこくwお伝えしていますが、近くにお越しの際はぜひ事務所にお立ち寄りください。

事務所移転しました | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 年始にアップした記事、「個人的、昨年(2016年)のトピックと今年(2017年)のチャレンジ」に、今年のチャレンジとして「事務所移転」と書きました。 鉾立榮一朗事務所の無料個別相談ではよく遠方からお客様がみえるのですが、昨年、ある年配のお客様から「もう少し行きやすい場所だといいんだけど、、」と言われて、そろそろ事務所を移転すべきかどうか考えていました。 「以前住んでいた自宅に近い」という理由で前の事務所を借りたのが2012年。タイミング的には2回目の契約更新を迎えた昨年でも良かったのですが、昨年は自宅の引越しもあっていろいろアップアップな感じで、、 新事務所は、6 月頃から本格的に探し始めました。 荻窪あたりならJRに加えて地下鉄丸ノ内線と東西線も乗り入れているし、お客様にとってはぐっと交通の便が良くなるということで、当初は荻窪駅周辺で探していたのですが、なかなか希望する条件の物件が出てこず。 エリアを西荻窪に広げたところ、今回の移転先の物件が目に留まりました。 西荻窪駅から新事務所までの簡単な道順をご案内しますね。 西荻窪駅からの道順 新事務所は、JR中央・総武線の西荻窪駅から徒歩2分です。 電車でアプローチされるお客さんにとっては、利便性が格段に向上しました。(以前の事務所は駅徒歩6分) が、西荻窪駅は、中央線(快速)は平日のみの停車となりますのでご注意ください!(土・休日は総武線を利用) 西荻窪駅の改札は一つです。 北口方面に出ます。 北口を出ると、正面にカラオケ屋さんとジェイコムショップがあります。その間の細い路地を入ります。 路地を入ると、すぐ左手に、熊本ラーメン「ひごもんず」が見えてきます。 ちなみに、この路地は「西荻 伏見通り」と言うそうです。(電柱にフラッグがかかっています。)

 

●我が家に猫(モイ)が来る

まさか、我が家で猫を飼うことになるとは思いませんでした。

名前はモイ。

キジトラ×アメショmixの推定2歳のオス猫です。

※モイが我が家に来ることになった経緯はこちら

モイからあなたにお願いがあるニャ | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
どーもニャ。 ボクの名前は、モイ(moi)。 一緒に暮らしている同居人から、そう呼ばれているよ。 フィンランド語でモイ(moi)は、「やあ!」「元気!」「どうも!」って意味らしいけど、好奇心旺盛なボクにはぴったりな名前かもしれない、と最近思い始めたところさ。 柄は野性味あふれるキジトラ(アメリカンショートヘアMIX)で、年は2歳ぐらいになるのかな? 長くてまっすぐなしっぽがトレードマークと言われているよ。 2週間ぐらい前からこの家に住んでいるんだけど、もうだいぶ慣れてきたかな。 なぜボクがこの家に来たのかって? もう昔のことであまりよく覚えていないんだけど。。。 元々住んでいた家にはたくさんの兄弟猫たちがいて、それはもう大変な状況だった。 いわゆる多頭飼育崩壊、っていうやつだね。 当時の家主が僕たちを面倒見切れなくなってしまって、ついに保護団体にSOS。 で、今年の5月、あるNPOの人たちに保護されたんだ。 そのあとは生活が一変したよ。 ボランティアさんが、美味しいご飯、清潔なトイレ、遊び相手(ボクにとってはめちゃめちゃ重要!)などいろいろと僕らをお世話してくれて。今でもとても感謝しているよ。 でも、そこも一時預かりの家だったからね。 そのあとボクらは、生涯の住まいを見つけるために、定期的に里親譲渡会に繰り出していたんだ。 そこで知り合ったのが、今の同居人というわけ。 譲渡会には容姿端麗な子や、かわいらしい子猫もいたけど、どういうわけか、好奇心旺盛で天真爛漫なボクの性格を気に入ってくれたみたい。変わり者だニャ。。 はじめてこの家に来たときのことはよく覚えているよ。 ボクは今まで兄弟猫たちと生活していたから、生まれてはじめて一匹だけの生活になって、最初はけっこうビビッたわ。 おまけに同居人の一人は風邪を引いていて、突然くしゃみを連発するもんだから、かなりビビったわ。 もう一人の同居人からは「猫アレルギーなんじゃない?」と疑われていたけど、病院で検査したらアレルギーゼロだったみたい。同居人たちは相当喜んでいたよ。 今は、トライアル飼育期間が終わって、正式譲渡の契約書待ちなんだって。 ボクも、同居人が里親になってくれるなら、今後も安心して暮らせるかな。

モイと一緒に暮らし始めて間もなく3か月が経ちますが、今ではすっかり我が家の王様として君臨しています。

われわれ人間は、モイの下僕として、安全な住環境を提供し、食事をささげ、遊び相手を務める毎日。

そう言えば、最近読んだ本にこんなことが書かれていました。

 

私たちは猫を飼っているのではなく、猫に飼われているのだ。

—フランソワーズ・ジル―(ジャーナリスト、作家)

『猫はためらわずにノンと言う』/ステファン・ガルニエ (著),‎ 吉田 裕美 (翻訳)

まさしく!(笑)

 

●東北風土マラソン(ハーフ)完走

一昨年、横浜マラソンのフルを完走したあと、もう当分マラソンはいいかな、と思っていたのですが、東北風土マラソンを紹介する新聞記事がふと目に留まり、そのコンセプトに魅かれてハーフに申し込みました。

週3回の早朝ランニングの習慣が身についてから3年ほど経つので、余裕をかまして特に走り込みなどの準備をせずに本番を迎えましたが、やはり甘かったですね。

ハーフでしたが、終盤に膝がやられてしまってゴールしたときはもうヘロヘロでした。

今年は今のところピンとくる大会がないので走らないかな。

が、体調管理のための早朝ランは継続しようと思います。

仙台駅周辺の美味しいお店情報【リバイバル通信番外編】 | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 昨年の横浜マラソン出場に続いて、先日、宮城県登米市で行われた東北風土マラソン&フェスティバル2017に出場してきました。 横浜マラソンチャレンジを通して身に付いた自己マネジメント術 前日の夜に仙台のホテルで宿泊して、翌朝、東北新幹線のやまびこに乗ってくりこま高原駅に移動(さらに会場へはシャトルバスで移動)。 レースが終わってから、帰りにもう一度仙台駅に立ち寄って、日帰り温泉、食事などを楽しんできました。 初めて降り立った仙台駅でしたが(奥さんは2回目)、入ったお店が全部当たりのお店で良かったです。 今回は、リバイバル通信の番外編として、仙台駅周辺の美味しいお店情報をシェアしようと思います。 で、マラソンはどうだったかって? 結果は記事の最後に、、 仙台駅周辺で食べられるおススメのお店 ◎伊達の牛たん本舗 仙台駅3階 牛たん通り店 仙台駅に着いたのがお昼過ぎだったので、ホテルに荷物を置いてから、まずは仙台名物の牛たんを食べるべく駅ビルの3階にある牛たん通りへ。 伊達の牛たん本舗の極厚芯たん定食と生ビールでお腹を満たしました。安定の美味しさです。 ◎鯛きち 名掛丁店 一度ホテルに戻ってチェックインを済ませてから、駅周辺の探索へ。 JR仙台駅からいちばん近いアーケード街、ハピナ名掛丁商店街をそぞろ歩きました。 少し歩いたところで、行列ができているたい焼き屋を発見。 ついさっき牛たんを食べたばかりなのに、、我慢できずに「ずんだクリーム」と「小倉あん」を購入してその場でほおばりました。 その後、近くのドラッグストアでビオフェルミンを買って飲みましたよ。 ◎別館 すが井 夜は当初、「せり鍋」などの郷土料理を食べたいなーと思っていたのですが、たまたま通りかかった小路で雰囲気のあるあなご専門店を発見。 店に入ってみたところ、予約なしだったため満席。が、「別館だったら空いてますよ」と案内され、近くの姉妹店に入りました。 このお店が結果として大正解。あなごづくしの料理を堪能しました。 https

その他にも、

・鉾立榮一朗事務所webサイトの一部ページが同業者に盗用・無断転載され、その対応に追われる

webサイトの記事がコピペ・盗用・無断転載されたときの対処策と、自社サイトを守るための防衛策 | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 もし、あなたが手塩にかけたwebサイトの記事が、誰かにそっくり真似されていたら、、 鉾立榮一朗事務所webサイトの記事「兄弟間、親子間など、親族間での不動産売買・名義変更手続きのポイント 」のコンテンツが、昨年2度も同業者に相次いで盗用され、その対処に追われました。 幸い、当方からの記事削除・修正依頼に相手方が応じたため大事には至りませんでしたが、対処のために相応の時間と労力を費やしてしまいました。 また同じことが起きたときに無駄な時間を費やさないように、webサイトの記事がコピペ・盗用・無断転載されたときの対処策と、自社サイトを守るための防衛策について、チェックリストの意味を込めてまとめてみました。 自社ホームページやブログ、SNSなど、webサイト上で独自のコンテンツを発信しながらビジネスをしている方にとっては、今回の記事は役に立つんじゃないかと思います。 衝撃のコピペサイトを発見 現在鉾立榮一朗事務所では、複数のランディングページ(ユーザーが最初に訪問するwebページ)を運用しながら見込み客にリーチしています。 そのうちの一つ、「兄弟間、親子間など、親族間での不動産売買・名義変更手続きのポイント 」の記事(以下、「当記事」といいますね。)では、現在「親族間 売買」「親子間 売買」などのキーワードでGoogleの検索結果で1位になっています。 マーケティングには3C分析(3Cとは、Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)のこと)という用語があるように、競合の分析というのはとても大事な作業となります。 ことwebマーケティングの世界では、自社が設定している特定のキーワードで検索 → 検索結果画面に出てくる競合を分析する、という手法が有用です。 私も定期的に、「親族間 売買」「親子間 売買」などのキーワードで検索結果画面の1ページ目に出てくる同業他社のサイトをチェックするようにしています。 当記事は、今から約4年前、2013年2月より当事務所が運用しているのですが、昨年2度、立て続けに当記事の主要コンテンツを盗用している同業他社のサイトが検索結果に出てきました。 「何このサイト?うちのサイト記事とそっくりじゃん、、」

・仕事上のすべてのデータをクラウド(OneDrive)へ移行

小規模オフィスのデータ管理はどうすればいい? | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 「”先人の知恵” と “ITツール” を駆使して、仕事の生産性向上を追求し続ける」ことは私にとっての大きなテーマの一つですが、最近、あるITツールを導入して、うちのオフィスのデータ管理の方法が刷新され、仕事の生産性が大幅に向上しました。 そのITツールとは、OneDriveというクラウドストレージサービス。 以前書いた記事、『個人的メモ。生産性を向上させる仕事術②【ITツール編】』で、これから導入・実践しようと考えているITツールとして、 ・マイクロソフトOffice365 Soloを導入して、仕事上のすべてのデータをクラウド(OneDrive)に移行(→ネット環境さえあれば、いつでもどこでもどのデバイスでも必要なデータにアクセスできる) とメモしましたが、その後すぐに実行して、仕事上のすべてのデータをOneDriveへ移行しました。 1ヵ月ほどOneDriveを試した結果、仕事にどんな影響・効果があったのか、今回の記事でレポートしようと思います。 なぜ、すべてのデータをOneDriveに移行することにしたのか まず前提として、それまでの私のデジタル仕事環境は次のような感じでした。 仕事で使用しているデジタル機器は、 ①メインのデスクトップPC ②サブのデスクトップPC ③ノートPC ④iPad ⑤iPhone そしてデータ管理は、「NAS」という2TBの容量を持つネットワークハードディスクをメインで使用。 事務所で仕事をしているときは、 ①メインのデスクトップPC ②サブのデスクトップPC ③ノートPC の3台のPCをLANケーブルでNASにつないでデータを共有していました。 問題は、出張や客先や自宅など、外で仕事をするときです。 外出のたびに、必要なファイルを、都度、ドロップボックスというオンラインストレージサービスに手動で移し、外で編集したファイルは、事務所に戻ってからハードディスク(NAS)に上書きするという、結構面倒くさい作業をしていました。 ドロップボックスにも月1,200円で1TBのデータを預けられるプランがあって、すべてのデータをそこに移行するという選択肢もありましたが、たまに、ログインや同期がうまくいかないときがあって、どうも有料プランに踏み切れなかったんですよね。

・自宅で淹れるコーヒー(ペーパードリップ)に目覚める

コーヒードリップ教室で学んだ教養マーケットの可能性 | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 「コーヒーはインスタントでも十分美味しいじゃん?」とずっと思っていましたが、先日、「やっぱり自宅で美味しいコーヒーを淹れられるようになりたい!」と思い立って、コーヒードリップ教室に行ってきました。 今回の記事では、この教室に参加して得た気づきについてシェアしようと思います。 コーヒードリップ教室に申し込んだ経緯 基本的にせっかちで、コーヒーはインスタントですぐに飲みたい派の私がなぜコーヒードリップ教室に申し込んだのか、少し触れておきますね。 仕事柄、ありがたいことにお客さんからよく贈り物をいただくのですが、半年ほど前、あるお客さんから初めて缶入りのコーヒー粉(コーヒー豆を挽いた粉)をいただきました。 当然そのままでは飲むことはできないので、初めてコーヒードリッパーとフィルターを近所のスーパーで購入し、自分で淹れてみることにしました。 ↓こういうやつですね。 ケトルでお湯を沸かしながら、ドリッパーにフィルターをセット。コーヒー粉の量はよくわからなかったので、贈り物の箱に入っていた計量スプーンすり切り1杯分を試しに入れました。 お湯もテキトーに粉の上からざっくり注いで、、 そんな感じでしたが、飲んでみると、これがなかなか美味いじゃないですか〜! それからは毎週末自宅で自己流ドリップコーヒーを楽しむようになり、あっという間に贈り物のコーヒーをすべて消費。 そこ後も週末の楽しみを継続すべく、家の近所のコーヒーショップ(豆の木さん)でコーヒー粉を購入するようになり、いっちょ前に味の違いを楽しむまでになりました。 ところがあるとき、ふと気づいてしまったのです。 これは正しいコーヒーの淹れ方なのだろうか?・・・ 本当はもっと美味しくコーヒーを淹れられるのでは?・・・ と。 そして、 ちゃんと基本から正しいコーヒーの淹れ方を学びたい! という欲求が沸々と湧いてきました。 早速ネットで「コーヒー教室 初心者」と検索すると、、 ほ〜 結構色々あるんですね。 タリーズやスタバなどのチェーン店、大手コーヒー製造販売会社、自家焙煎コーヒーの有名店などで、様々なコーヒー教室が開催されていることを知りました。

・17年ぶりの台湾旅行

旅行に行ってもリフレッシュできない?(台北~台南旅行メモ) | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 “私は、趣味を通じて、定期的に心身をリフレッシュしている” これは、ビジネスパーソンとして、私が大切にしているビジョンです。 我が家の共通の趣味は、旅行に行ってリフレッシュすること。 ということで、先日の勤労感謝の日の連休に、台湾(台北~台南)に旅行に行ってきました。 旅行に行ってもリフレッシュできない? 目的は、ひたすら美味しいものの食べ歩きと、お目当てのショップ巡り。 数日家を空けることになるので先月から飼い始めたモイ(猫)のことが少し心配でしたが、今回は友人のペットシッター、ストローラーカンパニーさんにお世話になることになって一安心。 ガイドブック3冊とビオフェルミン(胃腸薬)を持参して、朝から晩まで歩き回って台湾を満喫してきました。 ところで最近読んだ本(健康本)に、 旅行に出かけると、リフレッシュできるどころか、もっと疲れてしまう といったようなことが書いてありました。 その本によると、 ・最新科学では、疲れは、体が疲れているのではなくて、実は「脳」が疲れているということが分かってきている ・旅行に行くと、移動手段などに気を巡らせて緊張状態が続き、「脳」を疲れさせる ということなのだそうです。 なるほど、確かに海外旅行では次の目的地に移動するたびに慣れない言語の標識を見ながら頭をフル回転させたりして、普段よりも緊張状態が続くかもしれません。 まあ、「トラべルの語源はトラブル」なんて言われるように、個人的には、緊張感やハプニングがないと旅行の面白みがないのでは?と思いますが。 マインドフルネスの活用 でも、なるべく疲れを感じずに旅行を楽しめるに越したことはないですよね。 そこで今回の旅行で意識していたのが、マインドフルネスの活用です。 マインドフルネスとは? 以前読んだこちらの本から引用しますね。 『世界のエリートがやっている 最高の休息法』/久賀谷 亮 (著) マインドフルネスとは「瞑想などを通じた脳の休息法の総称」です。 脳のすべての疲れやストレスは、過去や未来から生まれる。すでに終わったことを気に病んでいたり、これから起きることを不安に思っていたり、とにかく心がいまここにない。

といった出来事がありました。

そして今年は、次のことにチャレンジしようと思います。

 

★今年(2018年)のチャレンジ

●新規事業立ち上げ

今現在、私のメインの事業は、

・経営アドバイザー
・財産コンサルティング
・資格業

となっていますが、今年は新たな分野で、リスクを引き受ける形で事業を立ち上げることにチャレンジしようと思います。

私のビジネス分野のビジョン、

PAM理論に基づいてビジネスを立ち上げている
・独自資源に基づく複数の強みを掛け合わせ、オンリーワンのビジネスモデルを構築している
・労働集約型と資本集約型からなる、複数のビジネスから安定的な収益を生み出している

を念頭に、年明けから事業計画を練ろうと思います。

あなたの核になる事業は?【PAM理論】™① | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 仕事がら、会社・法人の設立手続きの相談をよく受けるのですが、依頼を受ける前に必ず確認するようにしていることがあります。 それは、「その会社で行う事業は、相談者が本当にやりたいことで、かつ最大限の能力が発揮できて、かつビジネスとして成り立つのか」という点です。 本当に起業するの? 以前、弊社クライアントAさんのご紹介で、Yさん(38歳)という方が「会社をつくりたいので相談に乗ってほしい」と弊社に来社されました。(イニシャル、年齢、業種、背景などは変えてあります。) 詳しくお話を聞くと、 現在は、中小企業向けにOA機器のリースを行う中堅会社のサラリーマンで、営業職をやっている(B to B) これからはエコの時代。心機一転脱サラして、富裕層居住エリアで太陽光パネルの販売を行う会社を立ち上げたい(B to C) ビジネスモデルについては、太陽光パネルメーカーと取引条件を詰めてから決定する(仕入れ販売 or 手数料モデル) 資金面で出資をしてくれるという知人がいる すでに事務所兼ショールーム用の店舗物件は押さえていて、来月中に契約し、すぐに内装工事に入る予定 住宅ローンの返済もあるし、家族を食わせていくために必ず成功させたい とのこと。 ここまでお話を聞いたところで、私は「起業するのは考え直したほうがいいんじゃないですか」とお伝えし、ちょうど手元にあった書籍、「完全網羅 起業成功マニュアル」/ガイ・カワサキ(著)を「参考までに読んでみては」と手渡しました。 会社をつくること(設立手続き)自体は簡単です。が、会社・事業を継続し、発展させていくことは別次元。特に起業当初は収益が上がるまで思ったより時間がかかるものです。サラリーマンでいた方がよっぽど経済的に安定しています。 Yさんのお話を聞いていて、起業の動機やYさんご自身の能力と状況、マーケットの可能性について「違和感」を覚えて、失礼ながらダメ出しをさせていただきました。(それ以来Yさんから連絡はありません、、) あなたの核になる事業は? もちろんYさんはその後別の専門家に会社設立手続きを依頼されて、今も順調に事業を行われているかもしれません。(そうであってほしいと心から思います。)
ビジネスモデルを再構築するためのフレームワーク【LCSS型ビジネスモデルマトリックス™①】 | リバイバル通信 | 西荻窪の経営・起業アドバイザー
こんにちは、鉾立です。 もしあなたが、飲食店、理美容店、インストラクター、コンサルタント、資格業(士業)など、「自分自身の労働力に依存するビジネス」を行っていて、 「忙しい割に、理想とする数字(売上、収入)に届かない」 「このやり方を続けていても先が見えている」 「そろそろ次のステージに進みたい」 といった壁にぶつかっていたとしたら、、 もしかして、ビジネスモデルを再構築する時期に差し掛かっているかもしれません。 LCSS型ビジネスモデルマトリックス™とは? ビジネスモデルについては、以前このブログで、事業から収益を生み出す代表的な8つのビジネスモデルをご紹介しました。 今回ご紹介するのは、それとはまた異なる切り口の、ビジネスモデルを再構築するためのフレームワーク。 「労働集約型(Labor-intensive)」と「資本集約型(Capital intensive)」×「スポット型(spot)」と「ストック型(stock)」で分類する、LCSS型ビジネスモデルマトリックス™です。 少し解説しますね。 労働集約型とは、「事業活動を営む上で、労働力に対する依存度が高い産業のこと。接客応対を中心とするサービス業に多く見られる。一般に従業員を数多く抱えるため、賃金コストの割合が高い」(コトバンク「労働集約型産業」)。 資本集約型とは、「事業活動を営む上で、労働力より資本設備への依存度が高い産業のこと。一般に固定資本の占める割合が高い」(コトバンク「資本集約型産業」)。ここでは、物的資本だけでなく、人の信用、ブランドなどの人的資本も含まれるものとします。 スポット型とは、いわゆる単発、売り切り型のビジネス。 ストック型とは、継続型、リピート型のビジネスを指します。 このマトリックスは、「労働集約型」と「資本集約型」を縦軸、「スポット型」と「ストック型」を横軸で区切ったものになります。 あなたのビジネスは、今、このマトリックスの4つのモデルのうち、どのモデルに分類される? 次のステージに進むためには、どのモデルを検討する? 次回は、例えば飲食店がこのマトリックスを活用した場合の例をご紹介しますね。 追伸1

 

●料理教室に1年通う

我が家はフルタイムの共働き夫婦。

家事は分担して行っていますが、料理だけは、私が戦力になれずに歯痒い思いをしていました。

そこで昨年、一念発起して、私が料理教室に通うことを奥さんに宣言。吉祥寺のベターホームという料理教室の入門コースに申し込みました。

昨年11月スタートの1年間コースで、11月は温たま牛丼とブロッコリーのオイル蒸し、12月はチキンマカロニグラタンと生ハムのグリーンサラダの作り方をマスター。

早速自宅で料理を再現しました。

通っているクラスは男性陣が少なくてアウェー感が満載ですが(汗)、臆することなく1年間通って料理スキルを身につけたいと思います。

 

●“先人の知恵”と“ITツール”を駆使して、仕事の生産性向上を追求し続ける

これはもう、永遠のテーマですね。

「自分の時間を取り戻す」ために、今年も書籍等から得た知恵やITツールを積極的に仕事に導入していこうと思います。

 

ところで、、

あなたは昨年、どんな出来事があった?

そして、今年はどんなことにチャレンジする?

 

追伸

今年も、あなたのビジネスに役立つ情報をお届けしますね。

チャレンジする起業家・経営者向けに、
代表・鉾立のフィルターを通した
「起業・経営の原理原則」情報
を毎週お届けするWEBマガジン、
【リバイバル通信】。

※バックナンバー

毎週、確実に記事を受け取りたい方
にオススメです。

  • 起業家・経営者向け
    「有益ビジネス情報」を受け取ることができます。
  • 起業・経営の
    「普遍的な原理原則」を学ぶことができます。
  • 気に入らなければ、いつでも簡単に登録を解除することができます。

 

●登録後すぐに、「起業」、
「事業コンセプトの再定義」、
「新規事業立ち上げ」の際に役立つ
『あなたの核になる事業は?【PAM理論】™』
特製ワークシート(PDFファイル5ページ)が届きます。


▼ご登録は今すぐこちらから▼

Pocket

The following two tabs change content below.
西荻窪の経営・起業アドバイザー/財産承継コンサルタント 「経営の原理原則」をテーマに研究を重ね、これまで数多くのクライアント支援から得た学びと、自らの事業活動による実証を加えたノウハウ・ドゥハウを体系化。 企業経営者、特にスモールビジネス・オーナーの転ばぬ先の杖となり、「経営の原理原則を実践する経営者を増やしてハッピーな世の中を創る」ことを使命とする。 また、「借り入れ時に個人保証を求められる中小企業経営者にとっては会社の財産も個人の財産も一体」との現実、「事業承継にまつわる諸問題」などとも向き合いながら、クライアントの財産承継コンサルティングに取り組む。 「経営と財産は両輪」との信念のもと、クライアントの身近な参謀役(アドバイザー)として日々活動している。 家族は妻と息子と猫(キジトラ雄)。中野(自宅)⇄西荻窪(事務所)を行ったり来たり。